CI173

再発見


CI173:Kansai International-Taipei Taoyuen/China Airlines B747-409:B-18211
再びの41番スポットでスカイチーム塗装のダイナスティを狙う。このシルバーベースの塗装は味気ない印象で普段は敬遠しがちなのだが、ここでは他の機体をなかなか狙えないだけに塗装のバリエーションは大歓迎。青空には映えない銀色の機体もここでは照明を受けて怪しく光る。飛行機の魅力は撮り方次第、いろいろな撮り方を知って行きたい。

接近戦


CI173:Kansai International-Taipei Taoyuen/China Airlines B747-409:B-18205
関空では飛行機に近づくことが難しいため、機体のクローズアップを狙えるポイントは限られる。その数少ないポイントの一つが41番スポットで、プッシュバックの際にはかなり近くまでやってきてくれる。ただし寄ったところで離着陸の際の様な迫力には欠けるため、バルブなどでアクセントをつけたいところで、そういう意味でも19時過ぎのダイナスティの747が狙い目。シャドー気味になった胴体に二条に零れるキャビンライトが綺麗に映えて、747に備わる美しさがよくわかる。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ