CI101

2015/9/20 Narita

天候不順が続いてなかなか展開できていなかった成田だが、ようやく天気のよい日にいつもの三里塚の舞台に立つことができた。KLMのジャンボ目当てでの展開だったものの、ディレイで上がりは日没後となってしまった。それでも視程が素晴らしく良かったので選り好みせず収穫増に努めた。

14:35/KE704:Tokyo Narita-Seoul Incheon/Korean Airlines B747-4B5:HL7460

14:55/CI101:Tokyo Narita-Taipei Taoyuen/China Airlines B747-409:B-18201

15:07/MU524:Tokyo Narita-Shanghai Pudong/China Eastern Airlines B777-39PER/B-2001
今夏からA330に代わって投入されたチャイナイースタンのトリプルをいいアングルで捉えられた。とはいえ新塗装はあまりにシンプルすぎて塗装途中のような印象を持ってしまう。

16:00/UO1633:Tokyo Narita-Hongkong/Hongkong Express A320-200:B-LCG
久々の展開ということで初めて見るエアラインがいくつかあった。この香港エクスプレスのようにLCCが多く、同じA320を用いるパターンでタイガーエア台湾も夏から成田に乗り入れている。

16:06/MF830:Tokyo Narita-Xiamen Gaoqi/Xiamen Air B787-85C/B-2760
同じく新顔の厦門航空はワイドボディを投入したことで存在感が際立つ。新機材の787を投入している点でも注目度が高く、よくまとまった塗装もあいまって魅力的な存在だ。

17:17/UA33:Tokyo Narita-Los Angeles/United Airlines B787-922:N26952
787はじわじわと勢力を拡大しており、長身の787-9もちらほら見かけるようになっている。寸胴な-8よりもバランスがよく、双発機としての一つの完成形のように感じられる。

以上の通り好条件を生かして久々に収穫の多い展開となった。 ガッツポーズ。

2015/5/21 Narita

イリューシンを狙って成田に展開。5月最高の快晴に恵まれながらもイリューシンはバカっ高い上がりでモスクワへ去り、残された我々は意気消沈しながらも撮影を続けた。

14:54/CI101:Tokyo Narita-Taipei Taoyuen/China Airlines B747-409/B-18206

16:20/DL585:Tokyo Narita-Memphis Saint Paul/Delta Airlines B767-332ER/N193DN

17:16/AC2:Tokyo Narita-Toronto Pearson/Air Canada B787-833/C-GHPU

17:18/UA138:Tokyo Narita-Denver/United Airlines B787-822/N26902

18:12/LH8384:Moscow Sheremetyevo-Tokyo Narita/Lufthansa Cargo MD-11F/D-ALCM
ルフトハンザカーゴが早着したおかげで、バリ順でタイヤを押さえられたのがせめてもの慰めとなった。ただこの後正面アングルを狙いに行くと、新たにVOR/DMEとそれを囲うフェンスができあがっていて撮影地が一つ消え去ったことを知らされることになり、再びがっかりして帰路に着くことになった。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ