京急逗子線新逗子-神武寺/715Dエアポート急行:京急2000形2061編成
神武寺は昨年9月に下見に来ていたものの、晩夏では時すでに遅しで前面に光が回らなかった。今年こそはと思って5時台の下り電車に揺られて向かった。心配していた天気はまずまずの条件で、道路向かいの建物影が抜けていくのを気持ちよく眺めていたのだが、同時に太いケーブル影が降りてくる。嫌な予感は的中して、建物影が抜けきる頃にはケーブルの跡が赤い車体にくっきりと残ってしまった。背景や光線といった基本的なところに加え、パンタの抜けもいいだけに残念さが際立つ撮影地だった。