長崎本線 牛津-肥前山口/4021M「みどり」21号/783系8連
博多を出た特急が鳥栖から長崎本線に入ると、しばらくは開けた車窓が続く。そこが佐賀平野で、有明海を干拓して生まれた海抜ゼロメートル地帯になる。地勢だけでなく農業の文化も違っていて、小麦と米の二毛作を行っている。そのためこのあたりは田植えが日本でも一番遅いらしく、水を張った田圃を俯瞰しようと出向いたのに色づいた麦畑に驚かされることになった。