普通

道場チャレンジ


神戸電鉄三田線:道場南口-神鉄道場/普通:神鉄1100形1114編成
前々から撮りたいと思っていた神戸電鉄にようやく向き合うチャンスを得た。運良く2ドアの1100形の運用復帰にも重なり、思った以上の収穫があった。

プレシーズン


桜島線:ユニバーサルシティ―安治川口/2368E普通(09M):103系LA2編成
春が近づくにつれて日の出は次第に北にずれて、この時期は太陽はほとんど真東から上って真西に沈む。朝方は北東に進む列車の前面に陽射しが当たるようになってきた。朝からバリ晴れだった土曜日、早速そんな光線を活かして安治川口の下り勾配でしなる103系を捉えてきた。少し前面が甘いが、冬の鋭さを残す光がオレンジバーミリオンを鮮やかに浮かび上がらせてくれた。

隘路


日豊本線:竜ヶ水-鹿児島/6929M普通415系500番台
豆粒俯瞰欲求が高まっていたところでちょうど鹿児島に帰ることになったので、時間を作って錦江湾を見下ろす寺山公園に向かった。400mの高さから見下ろすと、415系の白い車体がほどよい存在感を出してくれた。

黄色の時代


山陽本線:大竹-和木/1557M普通:115系3000番台N11編成
広島周辺では227系が破竹の勢いで増えて、黄色い電車の牙城を脅かしている。さすがに115系の姿を見ないということはないが、タイガーロープで写欲が湧かないなんて贅沢はもう言っていられない。すっきりしたストレートを探し求めて向かった先は山口県境の小瀬川鉄橋。2扉黄色の山陽らしいスタイルの115系は、春めきながらもまだまだ鋭い陽射しを受けて走ってきた。

変な電車.2


紀勢本線:道成寺-御坊/2358M普通:113系2000番台G201編成
かつて勇名をはせた113系3800番台にも負けず劣らずの改造具合が魅力的と言えば魅力的。 2連2本でギリギリの運用数らしく、片方の運用を117系が代走していたためにわざわざ1時間あまり待機してこの珍車を写真に収めた。実際に見てみるともとからこういう形の車両かと思うほどに不思議な完成度があり、単色塗りも青空を映したようで却って似合っている気さえしてくる。

黄緑6号


奈良線:玉水-棚倉/普通641M(49A):103系NS401編成
曇りには曇りの写真がある。納得できない意見というわけではないが、やはり順光の写真の気持ちよさには及ばない。が、太陽が隠れたからといってすぐに帰るのも勿体ない。開けたところだったこともあって200mmで1両が収まるぐらいに線路から離れて流してみた。冬らしい色合いの竹林が背景を演出して、暗いトーンのなかで全検出たての103系のライトグリーンが鮮やかだった。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ