大糸線

皐月


大糸線:信濃木崎-北大町/回9326M(ムーンライト信州返却回送):189系N102編成
早いもので2016年も三分の一が終わってしまった。折しも季節は春から夏へと急速に移ろっていく。それでも朝6時の安曇野では厳しい冷え込みに見舞われたが、その代わりある程度の条件は揃ってくれて、初夏らしい水物を押さえることはできた。

あたりはずれ


大糸線:南豊科-中萱/9214M快速「大糸線100周年号」:E351系S23編成
引っ越しのごたごたで使っていなかった写真を発見したので過去絵で更新。この日は予報が当たって午後からの晴れを有効活用できた珍しい一日だった。撮影地もまあまあのところが見つかり安心して待っていたのだが、線路の先に見えてきた車両だけが予想と違っていた。E351系4連での運転ということで普段見れない貫通顔を撮りに出向いたはずなのに、やってきたのはいつもの非貫通顔。あれっと思っているうちに通過されてしまったが、そもそものところで重大な勘違いをしていたようだ。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ