南海高野線

鮮やか紅白特急


南海高野線:紀伊清水-橋本/0814レ特急「こうや」14号/南海30000系30001F
川を渡る線路は架橋距離を最短にするため、流れに対して垂直に敷かれるのが普通で、そのために橋の前後にカーブが介在することが少なくない。高野線の紀ノ川橋梁もそんな例の一つで、カーブが90度近いため一年を通してよい光線が得られる。日の長いこの時期は夕方の光が素晴らしく、前パンを振りかざした上り列車を捉えることができる。休日は2本の特急が続けて上ってくるが、より綺麗に光が回る最終こうやにちょうど30000系が入ってくれた。赤と白の素直な色に塗られた17m級の車体はおもちゃのようだったが、全M車だけあって重々しい走行音を残してゆったりとカーブを進んでくる。

九度山俯瞰


南海高野線:九度山-高野下/0813レ特急「こうや」13号/南海30000系30001F
ここのところ編成写真ばかり撮っていて食傷気味だったので、久しぶりに俯瞰でもしてやろうと高野線に向かった。梅雨の中休みとは思えない暑さの中、歩いて撮影地に向かうのは気が進まなかったが、駅近撮影地を調べて九度山で降りる。真田丸人気で賑わう駅を抜け、一本調子で登り続けると20分あまりで山間に消えていく線路を見渡すことができた。一面に広がる濃い緑は南海30000系の紅白の塗装にぴったりで、あたかもこの車両のために設えられたセットのようだった。

山岳路線


南海高野線:千早口-天見/2503レ急行:南海6000系6027F+60xx
三日市町から先の高野線は断続的なトンネルが続き山岳路線の様相を呈している。駅もトンネルの狭間に設けられているような感じで、帰りの電車を降りてアングルを探してみたくなった。あてずっぽうで降りた天見の難波方にもトンネルがあり、加えてそのすぐそばに跨線橋が架かっている。これは見下ろし面縦ができそうだと思って行くと案の定程よい塩梅で屋根上を抜くことができる。パンタのないクハには小振りな分散クーラーがずらりと並んでいてなかなかの眺めだった。

気象庁:曇り/GPV:晴れ


南海高野線:御幸辻-林間田園都市/2714レ急行:南海6000系6001F+60xxF
そんな予報は当てにしないのが一番なのだが、こと梅雨前後の晴れ間は貴重だけに念のため早起きして自分の目で確認する他ない。朝4時半、ベッドからあかつきの空を覗いてみると、クリアではないものの一応陽射しがありそうで、二度寝は後悔を招く予感。ザザっと支度してひとまず始発に乗り込んだ。微睡みつつ窓の外にチラチラ目を向けていると意外と綺麗な青空が広がっていることに気づく。足取り軽やかに撮影地に着くとあとは運用次第というところ。しばらくやきもきさせられたが、正面に光が回るうちに6000系のトップナンバーがやってきてくれた。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ