東海道新幹線

N700の幸運

日本最速の座をE5系に譲りはしても、N700系は東海道新幹線の主役・日本の新幹線の顔として君臨している。甲乙つけがたい両者だが、N700系が圧倒的に恵まれている点がある。それは足回りを見通せるポイントで、防音壁が張り巡らされる東北新幹線では決して得られないものだ。


東海道新幹線 米原-京都/117A「のぞみ」117号/N700系
なかでも米原付近の高架橋は南北に通っており、夕暮れ時にはすっきりてしたシルエットを捉えることができる。それを狙って訪問を重ね、これで三回目。今回は西の雲が直接の夕日を遮ってしまったものの、おかげでバックは暗く落ちてノーズの輪郭を浮かび上がらせてくれた。

50年目のお正月

東海道新幹線 三島→新富士/27A「のぞみ」27号/N700系Z80編成

1964年に開業した東海道新幹線は今年50周年を迎える。新年らしいものを見ておきたいと思って須津のポイントまで行ってみた。

真横から新幹線を狙うここではそのスピードをよく実感できる。時速250kmとすると秒速では約70m、秒間8コマのEOS 7Dで連写してもコマとコマの間で8mも進んでしまう。富士山とのバランスもあってなかなかうまくいかない。新幹線撮影の醍醐味であろうか。ただ東海道新幹線ではすぐにリトライできるので気楽なのがいい。そうこうしてようやくバランスが取れたのがこのカット。Z編成としては最終増備となったZ80編成が博多行のぞみとしてやってきた。

黄金期を迎える東海道新幹線



東海道新幹線 大井車両基地
N700への統一が進む東海道新幹線。そう遠くない頃に700系は姿を消すことになるのだろう。
今週車両と合わせて列車制御システムも刷新されることが発表された。東海道新幹線の最高速度を現行の270km/hから向上させることも検討されているという。
来年半世紀の節目を迎える東海道新幹線、中央リニアの時代を前に最後の黄金期を築こうとしているのかもしれない。

葬式失敗

というわけで葬式鉄の続きです。

2/16は大阪できたぐにと日本海を撮影してから飯田線に転戦するつもりでした。

IMG_9977
まず回502Mはこのように曇ってしまったのでリベンジが必要になりました。

ここで日本海の遅れも判明していたのでこのまま大阪に残ることにして、一路湖西線を北上します。

日本海は3時間以上遅れると鳩原ループで順光を浴びる姿を捉えることができるようになります。

ということで新疋田で下車し、俯瞰ポイントへ急ぎます。

が、かなりの積雪があり雪上戦の用意がなかった僕には対応不能。

とりあえずずぼずぼ雪にはまりながら踏切でかろうじての記録写真を撮影。

IMG_9985
そして、翌日。

天候は晴れ。万全の態勢で山崎カーブに挑みます。

IMG_0013

そうでした。

前日のカットではヘッドライトが側面に当たっていた223+221の快速列車にもろに被られまたしても撃沈。

さすがにリベンジすることはできないのでこれは葬式失敗です。残念無念の撤退。


日本海も撮影したいところでしたが300系のさよなら塗装を撮影するべく東へ。

富士山カットを狙います。

しかし、残念ながら富士山は雲の中。

代わりに富士川のトラス橋で撮影することにしました。

IMG_0055
一応の記録写真です。


そしてこの後豊橋まで戻って300系使用の477Aを撮影する予定でしたが955Mが踏切障害で遅延してくれたおかげで撮影できず。天候も悪化し順光ではなかったのでどうにか諦めがつくところではありました。



このように金も時間もかけたのに収穫ゼロの2日間。

葬式鉄には手痛い失敗です。

a href=

第一京浜クロス

今日はバイトの帰りに寄り道して新橋で300系を撮影してきました。

ポイントはゆりかもめのコンコース、第一京浜との交差を狙いました。

IMG_8732
上りはあえなく失敗。

ただこのライトが少し曲線を描く高さから見た300系のカッコよさを発見できました。

ここは背景などが少しごちゃごちゃしていたので他の場所を探す必要があります。


IMG_8766
三島行こだまはまあ無難に決まりました。

下を行く第一京浜は信号のタイミングによっては全く車がいない瞬間もあったので多少なりと車が映ってくれてよかったかもしれません。

灯り

livedoorブログでは初の更新となります。

えぬあーるです。よろしくお願いします。


300系もいよいよ引退が近づいてきました。

まだまだ撮りたいカットはたくさんあるのですが、N700系の増備のペースは速く、どんどん使用列車が減っています。比較的安定していたF編成の運用もJR西日本へ譲渡されたC編成による代走が増えてきました。


IMG_4380


そんな中ひかり520Aを多摩川で狙ってみました。

17時を前にして、露出は太陽を追って秒単位で落ちていきます。

シャッター速度は1/13、ISO感度を500に、絞りはもちろん開放のF2.8。

16時55分、速度を抑えて通過する300系に合わせてカメラを振ります。


帰ってからよくよく見てみると画面にはひかりの幕やテールライト、衝突防止灯の赤い光が残照の中に現れていました。



カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ