[航空]離陸機形式写真

2017/2/19 Narita


15:26/CRK609:Tokyo Narita-Hongkong/Hongkong Airlines A330-223:B-LNC

15:33/CCA926:Tokyo Narita-Beijing Capital/Air China A330-343:B-5978

16:21/CPA521:Tokyo Narita-Hongkong/Cathay Pacific Boeing 777-367ER:B-KPB
ほとんど1年ぶりとなる晴天の成田に午後から展開。舞い始めた花粉が空の色に表れていたが、そこそこの条件は揃ってくれた。A330上がりガチャに2連勝するなど収穫はあったものの、狙い目のエジプトとシンガポールのトリプルが収まり切らない失態には勘の鈍りを実感させられることになった。

2017/1/24 Fukuoka


15:21/JJA1453:Fukuoka-Busan Gimhae/Jeju Air Boeing 737-86N:HL8019

15:50/SKY16:Fukuoka-Tokyo Haneda/Skymark Airlines Boeing 737-8HX:JA737N
寒気と高気圧の組み合わせがこの冬最高の青空を叶えてくれた。狙いのジンベイジェットは予想外の要素で失敗したが、残り1機となったスカイマークのウィングレットなし737はちょっとした収穫となった。

2017/1/11 Fukuoka


15:44/IBX90:Fukuoka-Sendai/Ibex Airlines Bombardier CRJ-702ER:JA02RJ

15:55/JAL3635:Fukuoka-Miyazaki/J-Air Embraer ERJ190STD:JA212J

16:11/JTA61:Fukuoka-Naha/Japan Transocean Air Boeing 737-446:JA8994
北風がPM2.5を追い払ってくれたおかげで離陸を狙う条件が揃った。ただ北風の午後だと立ち位置に難ありで、大型機を収めるだけの引きが取れない。理由は飛行場が市街地にあるためで、滑走路からちょうど2km離れると博多駅についてしまうほどだ。建物の隙間から狙うのには懲り懲りしているので被写体をナローボディ機に絞る。幸い福岡のトラフィックも小型機中心なので収穫も多くなるはずだったが、メインの734はインターセクションと雲にやられて要再履修案件のまま残されることになった。

White,gray and blue


16:11/United States Navy VFA-27 "Royal Maces"/Boeing F/A-18E Super Hornet:165865

16:18/United States Navy VFA-115"Golden Eagles"/Boeing F/A-18E Super Hornet:166863

16:41/US Navy VAW-115"Liverty Bells"/Grumman E-2C+2000 Hawkeye:165812
所用で近くまで行ったので空母へのフライトが始まった厚木に展開。予報よりも抜けのいい青空と夏らしくめまぐるしく形を変える雲が楽しませてくれた。16時頃から離陸機が続き、高い・低いと一喜一憂する。減りつつある色付き隊長機の上がりには恵まれなかったが、600番だけはほどよい姿勢を見せ、その頃には青の深まりは冬を思わせるほど。贅沢な条件でフライオフを見送ることができた。

冬空終幕


17:43/NH427:Osaka Itami-Fukuoka/All Nippon Airways (ANA WINGS) B737-54K:JA300K
3月最後の土曜日は好天に恵まれ、加えてPM2.5も花粉も控えめだったのでクリアな青空が広がった。絶好の飛行機日和とあって、昼過ぎから伊丹に展開。伊丹は午後から北風に乗った雲が広がってくるパターンが多いが、今回は夕暮れまで一日中陽射しの恩恵を受けることができた。 狙いはANAのスーパードルフィンの捻りカットで、松山行と熊本行で立ち位置を調整して、日没間際の光線で福岡行のJA300Kを捉えた。翼の影が気になるところではあるのだが、今冬の締めくくりとしてそう悪くもない。

XIAMEN 737


MF830:Tokyo Narita-Xiamen Gaoqi/Xiamen Air B737-85C:B-1708
737はどの空港でもごく当たり前の存在に過ぎて、注目する機会もなかなかない。しかしよくよく考えてみると原型機の登場は半世紀近くも前の話で、胴体の延長や翼の再設計で姿を変えた部分も多いとはいえ、四角い客室窓や垂直尾翼などクラシックエアライナー然とした部分もそれなりにあって新旧混淆の趣がある。というのは建前で、わざわざ大阪から成田まで飛んでこの厦門の737しか撮れなかったとあって、そこに何等かの価値を見出すしかなかったというのが正直なところ。

2016/1/16 Itami

前回の成田で飛行機欲が高まっており、本当は就航したばかりのLOT目当てで成田に行きたかったのだが、今週は安いチケットが見あたらなかったので近場の伊丹でターンを狙った。

7:41/JL104:Osaka Itami-Tokyo Haneda/Japan Airlines B777-289:JA010D

8:17/JL3002:Osaka Itami-Tokyo Narita/Japan Airlines B777-346ER:JA738J

8:19/NH16:Osaka Itami-Tokyo Haneda/All Nippon Airways B787-981:JA833A

8:53/NH771:Osaka Itami-Sapporo New Chitose/All Nippon Airways B777-281

JL2081:Osaka Itami-Naha/Japan Airlines B777-346:JA8945
機首が南を向くにつれてだんだんと光が当たって行くのを見ているのは楽しい。今回の狙いはANAの789だったが、捻りが浅い代わりにきれいに光が回ってくれたので及第点。その場で見ても素晴らしかったが、こうして並べてみるとそのフォルムの美しさが際立つ。

2016/1/10 Narita

新年初成田で大収穫と言いたいところだが、非公式に訪問を重ね3回目にしてようやくリズムよく写真を撮ることができた。フィンエアが欠航してA340を撮れなかったのは誤算だったが、タイのジャンボと時間が重なっていたので迷わなくて済んだと前向きに捉えておこう。

12:02/GG8801:Tokyo Narita-Hongkong/Centurion Air Cargo B747-428ERF:N904AR

12:17/TG643:Tokyo Narita-Bangkok Suvarnabhumi/Thai Airways International B747-4D7:HS-TGP
そのタイの747はHS-TGPをほどよい姿勢で捉えられた。レトロカラーの時代にはなかなか来なかった上に、飛来したときには直前ランチェンで撮れなかった苦い思い出のある機体だ。今回は完全に予想通りのルートで上昇してきてくれた上に、センチュリオンカーゴもおまけでついてきた。

12:23/OS52:Tokyo Narita-Vienna/Austrian Airlines B777-2B8ER:OE-LPD
色の変わったオーストリアも、昨年末のアリタリアに続いて難なく捕獲。エンジンカウルの青がなくなった分、塗装の方向性がはっきりしてまとまりがよくなった。

12:32/JL407:Tokyo Narita-Frankfurt/Japan Airlines B787-946:JA862J
JALの787-9はまだ2機だけで、フランクフルト線とハノイ線に専従。伸びやかなフォルムが美しい。

13:00/SK984:Tokyo Narita-Copenhagen/Scandinavian Airlines A340-313X:LN-RKF
いつものSASだと思って撮ったが、ウィングレットに小変化。SASのロゴが入るようになっている。

13:14/GE605:Tokyo Narita-Taipei Taoyuen/TransAsia Airways A330-343X:B-22103

13:44/OZ103:Tokyo Narita-Seoul Incheon/Asiana Airlines B747-48EM:HL7421

14:13/BR197:Tokyo Narita-Taipei Taoyuen/EVA Air A330-302:B-16335

14:14/MU524:Tokyo Narita-Shanghai Pudong/China Eastern Airlines A330-243:B-6099
なかなかギアが閉まらない上に上昇性能がいいため、クリーンショットを狙いづらいA330だが、新顔のトランスアジアと合わせて3機を綺麗に捉えられた。被写体は地味ながら難易度的に嬉しい収穫。

14:27/NH8513:Tokyo Narita-Hongkong/All Nippon Airways B767-381ERF:JA8286

14:50/CI101:Tokyo Narita-Taipei Taoyuen/China Airlines B747-409:B-18215
いつものダイナスティジャンボを押さえて帰路についた。二桁収穫で満足感はすこぶる高い。

2015/12/28 Narita

2015年最後の成田。北風が弱く14時半頃まで雲が消えない展開にやきもきさせられたが、目当てのニュージーランドの白黒789の時間には綺麗な青空が広がった。それでもここに写真がないのはそのべた低上がりのせいで、767では元気よく上昇していったニュージーランドが森をかすめて飛んでいった。

14:33/BR197:Tokyo Narita-Taipei Taoyuen/EVA AIR B777-35EER:B-16702

15:07/AZ787:Tokyo Narita-Milano Malpensa/Alitalia B777-243ER:I-DISU

15:25/PK853:Tokyo Narita-Beijing-Islamabad-Lahore/Pakistan International Airlines A310-325ET
ニュージーランドの失敗で意気消沈していると、慰めに2機がいい上がりを見せてくれた。アリタリアは初見の新塗装で、ゴールド地になったことでだいぶ雰囲気が変わった。赤と緑の使い方も洗練されていてかなりかっこよく仕上がっている。パキスタンは4度目の撮影だが、今までで一番いい体勢で捉えることができたので、結果的に今年の成田の締めくくりとしてはそこそこ悪くなかったように思う。

2015/11/28 Narita


14:14/AZ785:Tokyo Narita-Milan Malpensa/Alitalita B777-243ER:EI-DDH

14:58/C8973:Milan Malpensa-Tokyo Narita-Hongkong/Cargolux Italia B747-4R7F(SCD):LX-YCV

15:01/CA930:Tokyo Narita-Shanghai Pudong/Air China B777-2J6:B-2059
カーゴルクスイタリアを狙っての展開。ターンアラウンドの短さから空荷だとはわかっていたもののそれにしても高かった。エアチャイナの青い777は地味に撮れていなかったので嬉しい収穫。その他いくつかの便で機材変更が確認できたので年末の展開が楽しみだ。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ