西武101系

秩父路

秩父鉄道 樋口→波久礼 1006レ/急行秩父路6号 6001F

元は西武101系だが面影はサイドビューにわずかに残るのみ。顔の真ん中のLED式の行先表示が玉にきずだと常々思っていたが、今日は秩父夜祭のヘッドマークのおかげで目立たず、そのせいか紅葉の山々をバックに行く姿はいつもよりかっこよく見えた。

30102F

西武池袋線 所沢→西所沢(西所沢駅先) 263F+30102F

30000系2本目となる10両貫通編成が、5両ずつ263Fにエスコートされて小手指にやってきた。10月6日に到着した1本目の30101Fが本線試運転も行わないまま1か月以上経過し、そうこうしているうちに2本目が来てしまったことになる。30101Fは「急行拝島」表示を確認したので新宿線配置とにらんでいるのだが、30102Fと合わせて今後の動きが気になる。

The final run

西武新宿線 新狭山~狭山市


西武秩父線 横瀬車両基地

これで最後。

最後まで完全勝利させてくれない車両でした。

10両3ドア


西武池袋線 西所沢

1963年。

西武鉄道が大手私鉄で初めての10両編成を走らせました。

半世紀を経て、西武から伝統のスタイルが消えていこうとしています。


新宿線引退興行


西武新宿線 花小金井~田無

黄色電連は701系連結対応を表していたもので、新宿線の101系らしさを地味ながら演出してくれました。

Final Original Four


西武池袋線 西所沢駅

最後の非ワンマン4連として残った241F。

昨日12日、武蔵丘へ回送されました。

検査…と考えたいものです。

薄暮


小手指車両基地

秋の黄昏はいつの時代もセンチメンタル。

日が落ちるとさっきまでの太陽の暖かみはすぐに消えてしまいます。


ご自愛ください。 

赤が咲く


西武池袋線 飯能→元加治

次の秋ここにこの電車はもう来ない。

遠足で乗った黄色い電車、忘れないでほしい。

クモハ272

IMG_5927

西武狭山線 西所沢  6172レ  271F+285F

久しぶりにツートンのパンタなしクモハの顔を見ることができました。

西武ドームのイベントに合わせての措置だったようですが次のチャンスはあるのでしょうか。

Indigo Blue

IMG_2918

狭山線下山口 6184レ(右)281F+285F/6185レ(左)241F


日没後のひととき、空が蒼く染まる。

今や貴重な101系の並びも15分おきならその一瞬に合わせることは難しくない。

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ