函館本線

4090mm


函館本線:長万部-二股/8011D「ニセコ」:キハ183系4連
キハ183の全高はなんと4090mm。背高のデザインを攻略できず後悔の残る結果となってしまった。

湾岸線


函館本線:野田生-落部/8D「北斗」8号:キハ183 8566+キハ182 7554+キロ182 7551+キハ182 7561+キハ182 7560+キハ182 7551+キハ183 4559

Legendary name


函館本線:然別-銀山/8012D「ニセコ」:キハ183系4連
ヌプリ・ワッカと続いた函館山線の臨時特急シリーズに今年は真打となるニセコが登場した。ただ運転時間は今ひとつで、定番の218kpは順光となるが陽射しはやや硬め。アウトカーブを見下ろすアングルなので、立ち位置とレンズによるところが大きくアングルには悩まされた。作例と想像力をフル活用して最後は中望遠での面縦を選択。ゆっくりと坂を登るニセコの顔、屋根、両側面を縦構図を目一杯に使って写し止めた。

北の引退劇

ダイヤ改正まであと2日。久しぶりの大規模改正で、新しいものもいろいろと出てくるが、それ以上に数多くの車両が消え行くことになる。


函館本線 豊沼-奈井江/2228M/S-116編成
北海道からは国鉄型の電車が消滅する。あっという間に置き換えられた781系とは異なり、じわじわと存在感を減じてきたが、ついに完全な引退を迎えることになった。最後に残った運用は決して多くはなかったが、ブルトレのように1日1本しかないわけではないのでさよならヘッドマークがついた頃でも撮影地は静かなものだった。

Poplar


函館本線 茶志内~美唄

ふと気になってWikipediaのポプラの項を見てみた。

意外なエピソードがたくさん見つかって面白い。


カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ