鹿児島本線

中線アリ


鹿児島本線:香椎駅/2177M:415系Fo507編成+Fo120編成
藤代、牛久、石岡、岩間…中線1本を挟むスタイルは常磐線の駅ではごく一般的な配線だった。貨物列車が減った今では中線の線路が剥がされてしまっているところが多いが、西の地ここ香椎では上り本線としてバリバリ現役。広々とした構内で常磐線に思いを馳せながらシャッターを切った。

Super Orange


鹿児島本線:有佐-千丁/8207D快速「スーパーおれんじ」3号:肥薩おれんじ鉄道HSOR-100形101A
エロ光を遮った雲が日没間際には美しいグラデーションを見せてくれた。電車が来るまで色が残っていることを願って待っていると、踏切が鳴った。時刻表にはない時間だったので何が来るかと思っていたらディーゼルカーのサウンド。肥薩線の回送かなと思っていたらまさかの肥薩おれんじ鉄道、ファミマ塗装。あまりに予想外だったが、単行のサイズ感のおかげでほどよいバランスに仕上がった。

白白銀


鹿児島本線:箱崎-吉塚/3323M:415系Fo124編成+Fo106編成+Fm1514編成
何気なく検索をかけると白白銀の報せ。慌てて吉塚に向かうも到着は8時を過ぎた。シーズン中の休日とあって人出を懸念して万全の体制でホームに上がったのだが、先客は2人だけで肩透かしを食らった。完璧な順光になるわけでもないのでこんなものかと思い直したが、期待と興奮で結構ドキドキしながら構図を組む。3323Mは定刻より少し遅れて姿を見せた。確かに前8両は白い。ファインダーにぐんぐん広がってくる12両編成を追いつつレリーズ。2年越し待望の白白銀、好条件での記録が叶った。

秋風


鹿児島本線:千鳥-福間/2322M普通:415系Fo105+Foxxx編成

813(SR)


鹿児島本線:海老津-教育大前/4125M区間快速:813系Rm102編成+Rm302編成+Rm202編成
あてもなくふらりと線路際に行ってみて何かに出くわす。事前情報がふんだんに得られる現代においてなかなかできる経験ではない。しかし今回はあった。813系初期車に残るフォグランプはほとんどの場合で消されているのだが、カーブの先にいつもと違う光芒。アングルは組んでいたが置きピンはまだだったので、フォグ点灯とわかってからは大いに慌てた。結局AF頼みでシャッターを切る羽目になったが、どうにか合焦。ビートつき初期車の凛々しい佇まいを好条件で記録することができた。

銀5黄1


鹿児島本線:大宰府信号所/1151レ:ED76 83+コキ200x6

545m


鹿児島本線:福間-千鳥/1051レ:EH500-48+コキ26両
1051レは東京貨物ターミナルから福岡貨物ターミナルまでの1116kmを17時間51分で結んでいる。よんさんとおの頃にはエアサスのレサ10000を揃えた53レ特急貨物「とびうお」で東京市場-香椎間19時間43分が達成されていたから、そんなに速くなっていない気もしてくるが、輸送力に目を向けるとレサ20両の800tからコキ26両1300tと1.5倍以上になっており、半世紀の発展が見て取れる。ただその結果編成長が500mを超えてきて、編成が収まるストレートが千鳥駅先ぐらいしか見つからない。所詮駅先と気楽にレンズを構えてみると、超望遠と勾配が効いて思った以上にかっこよく映ってくれた。

ロングノーズ


鹿児島本線(博多臨港線):福岡貨物ターミナル駅/構内入換:HD300-25[岡]

View of Kitakyushu


鹿児島本線(貨物線):戸畑-スペースワールド/1051レ:EH500-45+コキ26両
今季最高の晴天を得て登った先は皿倉山。北九州の南側に連なる帆柱連山の一角で、ケーブルカーで山頂に登ると八幡市街から関門海峡までのパノラマが広がる。遠くまで見渡せる分、相応の視程が必須条件でしばらくタイミングを見計らっていたのだが、ようやくチャンスがやって来た。登って見るとA列車で行こうで作ったようなメリハリの効いた市街地の景色が迎えてくれる。列車が小さくなってしまう分、存在感を出すのに苦労したが、緑のヤマトコンテナを主体に26両を連ねた1051レはただの風景写真をしっかりと鉄道写真に仕上げてくれた。

赤9区間快速荒尾


鹿児島本線:海老津-教育大前/4125M区間快速:813系Rm214+Rmxxx+Rmxxx
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ