鹿児島本線

O+M


鹿児島本線:竹下-博多/回3226M:415系Fo120編成+FM1512編成

DT129D


鹿児島本線:天拝山-原田/4081レ:ED76 1021+コキ
大柄な車体に柔らかな印象があるED76だが、足回りの装いは厳めしい。DT129の台車中心から車輪の脇を経てスカートの下まで伸びる引張棒がその一因で、F級機の台車とは違ったメカメカしい雰囲気が見て取れる。この棒は牽引力を台車からスカート下に延びた車体枠へと伝える役割を果たしており、低い位置で力を伝達することで軸重の移動を抑え、空転を防ぐ仕組み。こうした機械的工夫は視覚的にわかりやすく、インバータ制御に多くを任せる現代機関車とはやはり一味違っている。

駆け込み失敗


鹿児島本線(肥薩おれんじ鉄道):薩摩大川-西方/8093レ:ED76 1022+コキ10両
いつの間にか臨時貨物のシーズンオフが迫っていたので慌てて西方に行ってみたものの、光線のヌルさは誤魔化し切れなかった。来年もナナロクで走ってくれることを祈るのみ。

Freight Terminal


鹿児島本線(博多臨港線):福岡貨物ターミナル駅/構内入換:HD300-25[岡]
活気ある貨物駅はいつ見ても楽しいもので、またしても足を運んでしまった。

白8快速博多


鹿児島本線:渡瀬-南瀬高/1322M快速:415系500番台Fo507編成+FoXXX編成
東の空に燦然と輝く明星の下、まだ暗い線路にピントを合わせた。万全の態勢を整えて線路に光が届くのを待つ。先行の811系が通過するころには影も抜け、朝の光が力強さを増した定刻6時6分、1322MはFo507先頭で姿を見せた。415系の顔つきに欠かせない検電アンテナが目立つのは常磐線時代の名残り。そのディテールがファインダーに浮かび上がった瞬間、それは最高の0.0004秒間だった。

Shunting!


鹿児島本線(博多臨港線):福岡貨物ターミナル駅/構内入換:HD300-25[岡]
HD300は着実に数を増やして29機が札幌から福岡まで各地のターミナルで入換に用いられている。福岡に進出したのは今年のトピックで、そうと知らず見かけた際には驚かされた。こうした勢力拡大の割にカメラを向ける機会がなかったので夕方の着発ラッシュ時間を狙って足を延ばしてみると、すっかり板についた様子で入換に駆け回っている。おかげでいろいろと狙いを変えてシャッターを切ることができて、直線基調のデザインとゼブラ塗装が際立つ面縦が会心の一枚となった。

煌々


鹿児島本線:海老津-教育大前/67M「きらめき」17号:787系Bm13編成
おでこのライトを灯してタイフォン一声、列車は満を持して城山トンネルに飛び込んでいく。

バレンタインプレゼント(遅れ)


鹿児島本線:南荒尾-長洲/1063レ(遅れ):EF81 303+コキ
撮影条件に優れた運用をことごとくED76に奪われている現状では、EF81充当列車の遅れは見逃せない撮影チャンスとなる。先日代走の4093レに303号機が入った際にもおっとり刀で撮影地を探したが、遅れが過大で悔しい結果に終わっていた。今回の1063レは2時間というちょうどいい遅延具合で天気も上々。慌てて走って来た甲斐あってようやく九州きっての優良被写体、銀釜303号機の晴れカットを収めることができた。

クリスマスプレゼント


鹿児島本線(肥薩おれんじ鉄道):肥後田浦-海浦/4093レ:ED76 81+コキ11両
クリスマスの朝はプレゼントを受け取りに水俣まで南下。宛先違いで雲が届けられそうだったが、通過時刻には低く鋭い光を浴びてコンテナフル搭載の76貨物がやってきた。メリークリスマス。

#フェンス越しの私の世界


鹿児島本線(博多臨港線):福岡貨物ターミナル駅/臨8152レ:EF81 303+コキ+チキ
北タ~福タ間の事業用列車に銀釜が入ったと聞いて貨物駅に参じる。到着した段階では機関車自体は北側の機溜線にパン下げの状態だったが、臨8152レの荷になりそうなコキとチキが撮りやすい位置に留置されており、バルブができそうな気配があった。読みは当たって21時前には水銀灯の灯りを受けた303号機が目の前に登場。ただ停止位置が悪く、障害物処理に四苦八苦しているうちに出発時刻が迫り、結局あと一歩のところでゲームオーバーとなった。リトライする機会はあるだろうか。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ