鹿児島本線

Zombie style


鹿児島本線:千鳥-福間/2232M:415系Fo507編成+Fo117編成
鉄道ファンの資料ではFo104と並んで保留車扱いになっていたが、度々運用入りする状態が続いている。廃車予定の車には手をかけられないのか、側面からは錆が垂れ、前面の汚れもひどい。登板機会がまだ残っているなら最後に洗車してあげて欲しい。

ピタリ賞


鹿児島本線:東福間-東郷/8152レ:ED76 83+コキ200 

現役続行?


鹿児島本線:福間-東福間/2322M:415系Fo507編成+Fo110編成
運用離脱が噂されていたFo507と通りがかりに出くわした。後ろもFo110編成でたまたまにしては当たりが過ぎる。しばらく走っていなかったのに洗車もしてもらえなかったようで、クハ411-507の顔は相変わらず汚れたまま。まだ走るならちょっとぐらい綺麗にしてあげてほしい。

臨時化


鹿児島本線:黒崎駅/8152レ:ED76 1018+コキ200

通過待ち


鹿児島本線:福工大前駅/2342M:415系500番台Fo507+Fo106

一服


鹿児島本線:大牟田駅/構内入換:EF81 403

Foggy morning


鹿児島本線:南瀬高-渡瀬/1151レ:EF81 403+コキ200x4

Hakata #4


鹿児島本線:博多駅/2342M:415Fo110編成+Fo507編成
帰宅ラッシュのピークを過ぎた夜8時前、博多駅4番線に白い415系が8連を組んでやってくる。駅は九州新幹線開業とともに様変わりしたが、415系の佇まいはJR初期の頃からそう変わらない。登場から40年以上が過ぎても全盛期を思わせるワンシーンが見られるのだから贅沢な話だ。この日は全検出場直後のFo110編成がFo507編成を従える美味しい組み合わせで一際満足感の高い一枚に仕上がった。

Hakata #1


鹿児島本線:博多駅/2342M:415系Fo119編成+Fo126編成
普段は下り電車に被られる2342Mの博多駅バルブだが、踏切支障に伴う遅れによりチャンスが到来…したかと思われたところ、生憎遅れは上りにも波及して2342M自体が着発番線変更。バルブの芽は潰えてしまった。しかし1番線に変更と来たから改札を抜けてバスターミナルとの連絡通路に急いだ。バスターミナルと駅ビルの間から覗く線路にカメラを向けて待つ。衆人環視が辛いところだが、幸い列車はほぼ定刻で出発した。連結面に合わせてレリーズ。1/13で真横がきっちり止まってくれた。

あなたとコンビに


肥薩おれんじ鉄道:上田浦-たのうら御立岬公園/6147D:肥薩おれんじ鉄道HSOR-100形101A
夕方の上り貨物を狙って久方ぶりの肥薩おれんじ区間に足を延ばした。車で入りづらい上田浦の集落をロケハンしようと歩きまわっていると、昔からよく見かけたS字トンネル抜きのアングルに出くわした。せっかくと思って普通列車の時間に合わせてカメラを構える。踏切が鳴ってカーブの先に覗かせた顔はまたしてもファミマ塗装。どこかの三セクにあってもおかしくないような色合いで、NDCにもよく似合っていた。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ