反省

感想

鉄道



今年の鉄道写真からは風景ものと雰囲気ものを一枚ずつ選んだ。つまり編成写真からはゼロということだ。一発で満足できる被写体と向き合うチャンスが減っているのは事実で、東奔西走の努力叶わず今年の一枚に相応しい編成写真を得ることはできなかった。それ以外の部分では順光以外の新しい撮り方に挑戦して、ちょっとずつ進歩を遂げられていると思う。とは言え来年こそは順光でかっこいい列車をバシっと決める興奮をまた味わいたいものだ。

航空





飛行機の方面では、撮影回数の割に多くの収穫を得ることができたと感じている。退役迫るファントムの集中的な撮影を果たせたのも嬉しい。VIP機の飛来に恵まれた一年間だったが、チャンスを活かしきれたとは言えないのが悔やまれるところだ。

艦艇



船撮りでは積極的な展開を続けて佐世保で収穫大だった。ただ完成度の面で満足したのは関門で捉えたしまかぜの姿となった。錨を仕舞って甲板上はクリーン。堂々と瀬戸内海を行くその姿はまさに鋼鉄の城だった。一方で台風で中止となった観艦式の苦い記憶も忘れられない。

パトカー

改元やG20、ラグビーW杯など警護案件には事欠かない一年で、東京以外でも様々な車列のチャンスがあった。しかし結局まともに取り組めたのは5月のトランプ来日と10月の即位礼正殿の儀だけで、二の足を踏んで後悔というパターンが多かった。その中から相撲観戦を終えて国技館を後にするトランプ車列を500mmで抜いたこの一枚をベストとしたい。 

2019年は季節ごとに電車飛行機船車をある程度振り分けて撮影に当たったが、結果として電車は夏の絵ばかり、飛行機は冬の絵ばかりになって並べてみるとバランスの悪さが目についた。事前計画のまずさ故に撮り損ねた被写体も少なくない。魅力的な被写体と向き合う難易度がどんどん上がっているので、十分な情報を元にリスクヘッジを意識した判断を心がけていきたい。 

毎年恒例の今年の100枚はこちらから。

感想

鉄道編成

近場ではJR九州車の記録のために暇さえあれば撮影に出向いており、2017年を撮影地開拓に費やした分今年の収穫は上々だった。中でも813系のフォグランプ点灯の姿を捉えられたのが一番の成果だった。一方で787系を継続課題のままに残していたら、ヘッドライトがLEDに換装されてしまったという大失態もあった。被写体としての優先度は高かっただけに悔いが残る。

鉄道風景

今年はやはり山陰迂回貨物で、海バックの定番も鮮やかに記憶されているのだが、思い入れがあるのは日原の黄色い田圃のほう。何気ない風景をきっちりと切り取ることができたと感じている。条件の良さにも助けられた一枚だった。

旅客機

福岡でも離陸写真は継続的に狙っているのだが、立ち位置の制約でなかなかこれといった一枚を得られていない。一方でピンポイントで出かけた千歳では雪原からシグナスの捻りを捉えることができた。退役の日も近く、年明け再訪を考えたりもしている。


軍用機

無理して行ったラドムエアショーではフライトキャンセルの嵐、さらに圧倒的悪天候に見舞われて悲しみに暮れたが、滞在最終日に帰投するフランカーを青空バックで抑えられたのは愉快な思い出として残っている。その後ワルシャワまでのドライブも実に楽しかった。

艦船

秋に演習と韓国海軍の観艦式があったおかげで、佐世保に外来多数を迎えることができた。とはいえ一番の収穫は検査明けで慣熟にあたるいせの姿。朝の出港から予想した通りに帰ってきてくれたため、読みが当たった喜びもひとしおだった。

自動車

来年天皇として即位される皇太子の福岡行啓があった。地元に車列ということで気合を入れて出迎えたが、不慣れな警備に翻弄されて消化不良の結果に終わる。それでも都市高速の下を抜ける白黒4台はなかなかの絵になってくれた。レーパトばかり揃えてくれた福岡県警のセンスもいい。

1年間通してみると鉄道偏重で飛行機をあまり撮れていなかったのが悔やまれる。好景気で百花繚乱の感のあるエアライナーや最後の活躍を見せるファントムなど被写体には事欠かないので、2019年はバランスの良い被写体選びを心がけたい。また、イベントごとも数多く計画されており、早い段階でのプランニングとそのための情報収集も大きな課題となっている。シャッターを切る瞬間の興奮と写真の価値を両立させるべく新年も線路際、飛行場、海岸、道路とあちこちに足を伸ばしていきたい。

感想

2017年はこれまでの撮り方の質的改善を図るとともに、新しい撮り方にも挑戦してきたつもりだったが、1年を振り返ってみると前者に偏重してしまったようだ。こう撮りたいというイメージはどんどん出てくるのですっきり年越しとは行かず、たくさんの課題を持ち越すことになった。それでもいくつかは形になったので以下に紹介したい。

[鉄道編成]

2月21日/小田急電鉄小田原線:栢山-富水/0135レ特急「はこね」35号:小田急7000形7003x11
編成写真では車体塗装の発色を意識して撮影に臨んだ。同じ角度から光を当てても出てくる色に明らかな違いを感じたからで、結果周辺の建物や枯草、青空といった要素が映り込んでノイズとなることがわかった。ただ撮る前の段階での予想が不十分で、撮ってからがっかりということが何度もあった。その反動で綺麗な発色が得られた時の喜びも大きく、ラストチャンスと思って狙った小田急LSEは一発で決まった数少ない成功体験となった。

[鉄道風景]

11月25日/伯備線:岸本-伯耆大山/1015M「やくも」15号:Tc381-144+T381-228+M381-76+M'c380-503
今年はあちこちに中途半端に足を延ばしてばかりだったが、伯備線だけは時間をかけて巡ることができた。最大の収穫は冠雪した大山とのツーショットで、するすると雲が抜けて頂が姿を見せたときの興奮は今でもまだ新しい記憶として残っている。

[鉄道曇天]

6月30日/鹿児島本線:赤間-東郷/57レ(遅れ):EF81 503+コキ
晴れ写真ばかりだと後々並べたときのバランスが悪い。と気づいてから曇天での撮影にもチャレンジしている。ただこれまで晴天頼みでやってきたために勝手がわからず、成果と言えるようなものではないのだが、これは反省点として残しておきたい。

[航空風景]

9月23日/JTA622:Ishigaki-Naha/Japan Transocean Airlines Boeing 737-446:JA8999

7月22日/JAL327:Tokyo Haneda-Fukuoka/Japan Airlines Boeing 777-246:JA771J
飛行機写真では大転換で、離陸機一本槍からルークオザワ的風景写真をお手本に試行錯誤を重ねている。離島行脚にもチャレンジしているのだが、こちらもまだ収穫の日はまだまだ先になりそうだ。

[航空機動]

5月28日/航空自衛隊第3航空輸送隊第403飛行隊[美保]/C-2/78-1205
今年は航空祭への参加率は低めに留まってしまったが、唯一しっかりと参加した美保の航空祭では輸送機たちの乱舞に目を奪われた。一方で戦闘機との一発勝負はフィールドに立つことさえなかったので、来年は積極的な参加を心掛けたい。

[艦船]

4月16日/海上自衛隊第1護衛隊群第5護衛隊こんごう型1番艦 DDG173 こんごう
佐世保に行っては海だけを見て帰ってくるなんて贅沢を何度かしてしまったものの、ちょこちょこと収穫はあり、その中でもこんごうの俯瞰カットは満足度の高いものとなった。

[自動車]

11月5日/晴海通り:銀座4丁目/United States Secret Service CADILLAC Presidental State Car
今年は1月から視閲式に参加するなど警察車両の撮影も機を見て敢行してきたのだが、収穫はいまいち。結果至近から出迎えたトランプ車列が一番の収穫となった。

この他に今年の100枚をflickrのアルバムにまとめてあるので、是非ご覧いただきたい。
100 of 2017 flickr album

このように今年もあれこれ写真ばかりの1年になってしまっているのだが、やはりゾクゾクするようなシーンに出くわすことができないでいる。そろそろ視野を広げて行かなければならないのかもしれないと思いつつ、新年も遠近問わずそこここに出かけようと画策している。

感想

年末に際して今年の一枚を選ぼうとしたが、なんだかんだ数を撮っていて選びづらかった。去年と同じくいくつかカテゴリーを分けて写真をピックアップしてみたい。
[鉄道風景]

3月20日/山陰本線:玉江-三見/9035レ「特別なトワイライトエクスプレス」:DD51 1186+24系25型8連
風景写真は昨年に引き続きド定番だが、今年の定番は定番ながら夜明け前から8時間近い待機を経た一枚とあって得られた景色とともに思い出に残る撮影となった。
[鉄道編成]

7月3日/南海高野線:紀伊清水-橋本/0814レ特急「こうや」14号/南海30000系30001F
編成写真も散々に撮ったが、編成写真としての条件を守りつつ車両のかっこよさを両立できたのはこの一枚だった。立ち位置を自由に選びながら理想像を探せる撮影地はなかなか見つけられないが、このポイントは本当に素晴らしかった。昔から変わらぬ姿で素敵な電車が走っていることも嬉しい。
[航空形式]

3月26日/NH427:Osaka Itami-Fukuoka/All Nippon Airways (ANA WINGS) B737-54K:JA300K
今年はいまや世界の空の主役といっていい存在になったナローボディ機にカメラを向け続けた。ただ形式写真を撮ろうとすると難易度の高い相手で、伊丹の捻りで捉えられたのは僥倖と言っていい。クラシックと呼べるような存在になったANAの735とJTAの734には引き続き注目していきたい。
[航空機動]

5月5日/US Marine VMA-214[MCAS Iwakuni]/AV-8B:165429
今年は岩国にはじまり、芦屋・百里・新田原と好天を狙ってピンポイント展開を続けてきたが撮りたい写真を撮れていないのが正直なところ。その中で一番思い出に残るのは岩国でのハリアーの展示で、目の前でギアを閉めて正面を向いた瞬間の興奮は一際のものだった。
[艦艇]

12月11日/海上自衛隊 第2護衛隊群 しらね級2番艦 DDH144 くらま
大阪に住んでいて船撮りにはなかなか縁がなかったが、九州に引っ越したので来年は佐世保に積極的に展開していきたい。早速滑り込みでくらまにお別れを告げることはできた。
[自動車]

10月30日/宇部興産専用道路:沖の山踏切/SCANIA G580:561+6P07-A+B
自動車も本業のパトカーにはなかなか手出しができていないが、代わりに念願の宇部興産道路を訪れることができた。新年はどこかの視閲式に参加するところからスタートしようと画策している。 

2016年も撮影ばかりに奔走してしまったが、一方で大興奮の一枚といえる瞬間に出会えなかったのも事実。撮影条件に対して受け身になり過ぎないよう意識しつつも、フォトジェニックなシーンを逃さないよう写真の現場には引き続き積極的に出向いて行きたい。

See best 100 Photos of 2016 in flickr

感想・2015年

去年は4枚にまで絞り込めたが今年は頑張りすぎたのか4枚には収まり切らなかった。写真としてのクオリティで選ぶのが正攻法なのはわかっていても、やはり思い出が絡んでくるというのが人情というもので、悩みに悩んで以下の7枚まで絞り込んだ。

[鉄道風景]

2015年6月7日/磐越西線 磐梯町-更科(信)/3238M快速「あいづ」4号/485系A1+A2編成
前置きが長い割に結果がドが付くほどの定番アングルで恐縮だが、やはりみんながいいと言うものはいい。A1+A2編成には今年も一年間いろいろと楽しませてもらった。
[鉄道編成]

6月21日/Port la Nouvelle-Leucete la Franqui/TGV9715/TGV-Duplex 802+8xx
今年もいろいろと初見な車両にカメラを向けることができたが、なんだかんだやっぱり子供の頃の憧れというものには抗いがたく、編成写真のベストには地中海岸で狙ったTGVが収まった。
[鉄道その他]

5月22日/上越新幹線 熊谷/1336C「Maxとき」336号/E4系P+P編成
編成写真でも風景写真でもないその他という枠を設定したくなるほどの印象的なワンシーンだったのがこのMax重連の通過シーン。半年を経た今でもこの時の興奮は忘れがたい。

[航空形式]

1月16日/Tokyo Haneda-Cairo/Japan Air Self Defence Force 701st Squadron B747-47C/20-1102
航空機の写真ではようやく得られた政府専用機の中央防波堤の捻りがベストだった。冬の東京の美しい青に一番映える塗装だと思う。この条件を独り占めできたのもポイントが高い。
[航空機動]

6月28日/Luxeuil Air Base:l'Armée de l'air Escadron de Chasse 1/2 [Luxeuil]/MIRAGE 2000-5F
今年は機動飛行の一本勝負にはあまり勝てなかったのだが、遥々赴いたフランスのエアショーでは最高の背中を頂けた。

[艦艇]

10月12日/海上自衛隊 第2護衛隊群第6護衛隊[横須賀] こんごう型護衛艦2番艦:DDG174きりしま
艦艇写真では初めて参加できた観艦式の印象があまりに強い。最高の条件で最高のフォーメーションを記憶と記録に焼き付けた。

[自動車]

1月9日/国道246号線赤坂/警視庁警備部:スバルBMレガシィ
パトカーはあんまり撮る機会がなかったが、この警護車との出会いが一番印象深い。真下で箱乗りなんてほとんど奇跡に近い確率だろう。東京無線に感謝。

2015年はあっという間に過ぎたが、時間の制約もだんだん増してきており撮影のスタイルも変わりつつある。アウトプットできる時間は減っていないのに刺激を受ける機会は変わらないので、入力過多のきらいはあるが、来年も誰かの刺激になるような写真を撮っていければと思う。

感想・2014年

今年も撮影ばかりに忙しい1年となってしまった。簡潔のため鉄道・航空・船舶・自動車各ジャンルから1枚ずつ印象に残った写真を取り上げてこの1年を振り返る。

2014/6/24 津軽海峡線 蟹田-中小国/1レ「北斗星」/ED79 12+24系
鉄道では霧の北斗星がだんとつで記憶に残る。予報では快晴のはずが行ってみれば編成後尾さえ見えない深い霧だった。プロテクターを外してなんとかフレアを軽減しようとしたことから冷たく湿った空気感までいろいろと思い出される。

2014/8/7 横田飛行場 RWY18/USAF 45th Reconnaissance Squadron[Offutt] WC-135C/62-3582
一方鉄道と同じぐらい力を入れた航空は横田とWC-135の思い出に尽きる。不調でなかなか帰国できない62-3582の様子を見に横田までの10kmを散々通った。この時は離陸に立ち会えただけでも運がよかったが演出も劇的で、視界に入ったころには日が当たっていなかったのに切り位置ではそこそこの日差しに恵まれた。誠に奇跡的と言っていい展開だった。

2014/4/24 横須賀港/第2護衛隊群2護衛隊 しらね型護衛艦2番艦 DDH144 くらま
船舶分野では外来艦こそ逃してばかりで後悔しきりだが、 念願のくらまを撮影する機会には恵まれた。なかでも横須賀でいせとのツーショットを捉えることができたのは嬉しい。

2014/9/28 新東名自動車道/静岡県警高速交通機動隊トヨタ200型クラウン
自動車という名目でこそこそ撮っているパトカーも年始視閲式から様々に楽しませてもらった。しかしパトカーの魅力はやはり不意遭遇にあり、一番不意を突かれた時に撮ったこの1枚が思い出深い。

2014年の撮影はこのような塩梅となったが、いろいろな人と撮影に行けたことが今年最大の成果かもしれない。お世話になった皆様へのお礼を以て2014年の締めくくりとしたい。

2013年

1月:成田空港


2月:大糸線 姫川→糸魚川

3月:福知山線 石生→黒井

4月:いすみ鉄道 西大原→上総東

5月:近鉄大阪線 三本松→赤目口

6月:田端運転所

7月:若狭湾

8月:鹿児島空港

9月:Ligne nouvelle 3


10月:入間基地

11月:磐越西線 猪苗代→川桁


12月:大井車両基地

2013年のベスト100枚をまとめてみたので是非ご覧ください。

http://www.flickr.com/photos/enuarl/sets/72157638512354795/


今年一年間お世話になりました。新年もまたよろしくお願いいたします。

それでは、よいお年をお過ごしください。

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ