艦船・船舶

定刻入港

演習シーズンで船に飛行機にと動きが目まぐるしい。佐世保には公式ビジターとして韓国海軍が入港している。3隻の入港を知らせるプレスリリースには時刻まで記載されていて、当日の天気予報は晴れ。抜けに多少の不安はあったが迷いなく佐世保湾口・寄船鼻に向かった。

Republic of Korea Navy Yi-Sun-sin Class DDH977 ROKS Dae Joyeong

Republic of Korea Navy Yi-Sun-Sin Class DDH977 ROKS Dae Joyeong
はじめに李舜臣級駆逐艦のデ・ジョヨンが姿を見せた。4500トン級の汎用駆逐艦だがSM-2の運用能力を備え、世代的にも兵装的にもたかなみ型とあきづき型の中間的な存在のようだ。兵装は西側準拠なので見た目に大きな違和感はなく、国産品らしいアンテナ類に目が行く程度。DDHに区分され2機のリンクスを搭載しているらしいが、その割に飛行甲板はやや手狭に思われた。

Republic of Korea Navy Cheon-Wang-Bong Class LST686 ROKS Cheon Wang Bong

Republic of Korea Navy Cheon-Wang-Bong Class LST688 ROKS Il Chul Bong
続けてチョ・ナンボン、イル・チュルボンの2隻が入ってくる。これら天王峰級は2014年から就役が始まった新顔で日本には初お目見えとなる。上陸用舟艇LCM3艇を搭載可能な戦車揚陸艦で、このうち2艇を前甲板に載せる独特な配置。ただし今回はLCMの搭載はなく、ユニークなスタイルを俯瞰で押さえる目論見は外れてしまった。とはいえ、初見の3隻を1時間の間に順光で捉えられるというのは滅多にない好条件で、足取り軽く佐世保を後にすることができた。

His Thai Majesty's Ships


Royal Thai Navy Naresuan Class FFG442 HTMS Taksin

Royal Thai Navy River Class OPV551 HTMS Krabi
あれこれ話題を振りまいた韓国海軍の観艦式ではあるが、日本各地におこぼれが回ってきてありがたい限り。堺に立ち寄ったベトナム海軍の関門通峡に期待しているうちに、佐世保にタイ海軍がしれっと入港してびっくりさせられた。やってきたのは現代的な小型哨戒艦クラビと1990年代テイストのタクシンの2隻で、前者はイギリスBAE製、後者は中国製の船体に西側の兵装を載せるというごちゃ混ぜの様相でタイの外交巧者ぶりを連想してしまう。

Sea Trial


海上自衛隊第4護衛隊群第8護衛隊むらさめ型護衛艦4番艦DD104きりさめ
早朝の長崎港を見ると灰色の船がずらり。真ん中に止まっていたきりさめにタグが取り付くのを認めて慌てて港出口に架かる女神大橋に向かう。船を真上から俯瞰できる理想的な撮影地だが、護衛艦を狙うチャンスが三菱長崎の出入りに限られるためなかなか手が出ないでいた。機材を持って駆け上がると眼下に美しい港町の街並みが広がっているのがわかるが、するすると向かってくるきりさめともはや競走状態で景色を楽しむ余裕はなかった。レーダーの向きだけ気をつけてシャッターを切ったが、撮れてみると試運転らしいピカピカのきりさめが綺麗に捉えられていた。

偽装貨物船


US Navy MSC RRF[Alameda,CA] Keystone State Class T-ACS-3 Grand Canyon State
関門マーチスを見ているとアメリカ船籍のコンテナ船を発見。船籍が気になって調べてみると見た目からして怪しさ満点で、やはり米海軍の輸送船であった。1964年の貨物船にクレーンを据え付け、荷役設備のない港での積卸の支援を目的としているという。輸送能力はそこまで大きくないが、3基のクレーンを活用した揚搭能力が売りで、大型の輸送船とメザシ状態で着岸して積卸作業に当たるらしい。今回関門には1時間遅れで登場。古めかしい貨物船のスタイルが際立ちなかなかの被写体であった。

夜明けにしもきた


海上自衛隊掃海隊群第1輸送隊おおすみ型輸送艦2番艦 LST4002 しもきた
表題は早鞆瀬戸を大爆煙で通過。機関の音が聞こえる距離感で狭水道通峡後のダイナミックな加速を目にすることができた。

26年目のこんごう


海上自衛隊第1護衛隊群第5護衛隊こんごう型1番艦 DDG173 こんごう
久々に晴れ渡った日曜日の午後、庵浦まで車を走らせるとこんごうの姿を捉えることができた。北朝鮮方面の緊張を見るにBMD任務からの帰りだったのかもしれない。1991年進水のこんごうにとって本来の任務は艦隊のエアカバーであって、宇宙空間で弾道ミサイルを撃ち落とすというのは四半世紀前には想定外の大仕事だろう。そんな変化を受け入れられたのは余裕を持たせた船体設計のおかげか、SPY-1レーダーを備えた上部構造部とややクラシカルなラティスマスト、前甲板の大柄な砲塔、ヘリ格納庫がないためすっきりとした後部と、バランスのよいその姿は変わらず今も日本の海にある。

farewell KURAMA


海上自衛隊 第2護衛隊群 しらね級2番艦 DDH144 くらま
体験航海があるという情報をちらほらと耳にして佐世保に駆けつけたが出港には間に合わず。寄船鼻からさらに西側に陣取って帰りを出迎えた。天気は上々ながら完全順光は得られず、加えて難民船の様相。完璧には程遠い条件ではあったが、これが最後かと思うと感慨深い。

2015年度海上自衛隊観艦式(予行)

観艦式なる存在を知ったのは中学生のときだった。世界の艦船2007年1月号の特集を見てその壮大さに驚き、それまでちょっと興味がある程度だった船の世界に足を踏み入れるきっかけとなった。それ以来艦船趣味にそこそこ浸かってきたものの、その中途半端さが祟ってか観艦式とは縁がなかったが、今回ついに参加するチャンスをもらった。天気は快晴。最高の気分でおおなみに乗り込んだ。

海上自衛隊 第2護衛隊群第6護衛隊[横須賀] こんごう型護衛艦2番艦:DDG174きりしま
海上自衛隊 第4護衛隊群第8護衛隊[佐世保] こんごう型護衛艦4番艦:DDG176ちょうかい
海上自衛隊 第3護衛隊群第3護衛隊[舞鶴] あたご型護衛艦1番艦:DDG177あたご

海上自衛隊 第2潜水隊群第4潜水隊[横須賀] そうりゅう型潜水艦5番艦:SS505ずいりゅう
海上自衛隊 第2潜水隊群第4潜水隊[横須賀] そうりゅう型潜水艦6番艦:SS506こくりゅう

海上自衛隊 潜水隊群直轄[呉] ちはや型潜水艦救難艦1番艦:ASR403ちはや

海上自衛隊 第2潜水隊群

海上自衛隊 第1海上補給隊[舞鶴] ましゅう型補給艦1番艦:AOE425ましゅう

海上自衛隊 第2護衛隊群第2護衛隊[佐世保] しらね型護衛艦2番艦DDH144くらま

海上自衛隊 第4護衛隊群第4護衛隊[呉] むらさめ型護衛艦6番艦:DD106さみだれ
海上自衛隊 第4護衛隊群第8護衛隊[佐世保] むらさめ型護衛艦4番艦:DD104きりさめ
海上自衛隊 第4護衛隊群第8護衛隊[佐世保] はたかぜ型護衛艦2番艦:DDG172しまかぜ

海上自衛隊 第4護衛隊群第8護衛隊[佐世保] はたかぜ型護衛艦2番艦:DDG172しまかぜ

アメリカ合衆国海軍 第7艦隊[横須賀] ニミッツ級航空母艦9番艦:CVN76ロナルド・レーガン
一日中最高の気分でシャッターを切り続け、夕日に染まる空母を目に収めて締めくくった。 

DDH144 Kurama

今年も年度末恒例の練習艦隊近海演習航海が行われた。例年と違うのは練習旗艦のかしまが検査に入っていることで、その代わりはくらまが務めることとなった。そして近海演習航海の寄港計画は公表される。それはくらまを狙い撃ちするチャンスが得られることを意味していた。江田内を出た艦隊一行は神戸・高知等に立ち寄ってから九州南端を回って佐世保にやってくる。少し遠くアクセスにも難があるが、「確実に見れる」という魅力は大きく、jetstar・18きっぷ・タイムズカーシェアを駆使して長崎県西海市に到達。寄船港に止めた車中で夜を明かして翌朝の入港に備えた。

海上自衛隊 第2護衛隊群 しらね級2番艦 DDH144 くらま
夜明けの天気は微妙で、薄日が差しているものの視程は悪い。MarineTrafficの圏外なため目視を頼るほかなく、長い時間水平線を眺めることになった。暇を持て余してやたら丁寧に歯を磨いているとくらまの特徴的なシルエットがぼんやりと見えてきた。くらまは面舵を2回切って接近し、最後は左に舵を切ってくる。この回頭シーンからシャッターを切り始めたが、すぐに400mmでは画面からはみ出すほどに近づく。慌ててレンズを70-200に変えて撮ったのがこの一枚。狭水道通過と入港のためにアンカーがぶら下がっているのが惜しいが、思ったよりも光が当たってくれてようやく満足の行くくらまの記録写真を押さえることができた。

DDH183 いずも公試

先週月曜・22日からいずも型護衛艦1番艦いずもの公試が始まった。初物は早いうちに押さえておくに越したことはない。東京マーチスに朝0925時浦賀水道北口通過との情報を確認し、始発で撮影に向かった。しかし午前中に浦賀水道を南航する船を陸地から順光で狙うことは不可能。従って東京湾フェリーの船上撮影という博打にでたのだが、その試みは初物ゆえの遅延によりあえなく失敗に終わった。悔しさは大きかったが潔く撤退し、次なるチャンスは逃すまいと帰港を待った。

そして帰港の日となった金曜日は快晴。午後の北航とあって順光撮影地はたくさんある。その中でも俯瞰がちに撮れる観音崎灯台が艦の姿を捉えるにはベスト。今までの数々の苦い経験から通過予定時刻はあてにならないと思い、だいぶ早めに現地入りしていずもを待った。

Japan Marine United いずも型護衛艦DDH183いずも
予想通りいずもは予定時刻より1時間以上前に浦賀水道に姿を現した。ところどころに雲が影を落としており、すっきりした背景でシャッターを切れるかどうか肝を冷やす場面もあったが、終わってみれば難なく順光カットを得られていた。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ