熊本市交通局

こだわりの逸品


熊本市交通局幹線:熊本駅前-二本木口/xxxx電車:熊本市交通局8200形8201号

捜索・偵察・撮影


熊本市交通局幹線熊本駅前-祇園橋/xxxx電車:熊本市交通局1060形1063号
毎日決まった動きをする5014ABと違って、1063号は単車共通運用に放り込まれるため狙いにくい。とはいえどこかしら線路上にいるわけで、始発前の熊本市電全線を点検する。交通局車庫の脇を通りかかると、シックな塗装がちらりと目に入った。引き返して目視確認すると、パン上げ・A系統。動きがわかればこちらのもので、出庫を待たずに祇園橋に向かった。立ち位置を変えつつ構図を試していると、あっという間に通過時間となる。信号のタイミングは上々だったが、地味に目立つ九産交バスの併走を食らう。打つ手なしながらバシャバシャとシャッターを切ると、意外にもバスは1063号の後ろに隠れきってくれていた。

Weiße Wagen


熊本市交通局上熊本線:杉塘-段山町/xxxxレ:熊本市交通局9700形9705AB

modernized


熊本市交通局幹線:花畑町-辛島町/314レ:熊本市交通局5000形5014AB
5000形は西鉄汎用ライトケースへの換装を免れた凛々しい顔立ちに美しい塗装、さらに足元を飾る川崎OK-10台車などまるで保存車両のような出で立ちだが、運用復帰は朝夕の輸送力強化のためとアナウンスされていた通りで、冷房化・ICカード対応など現代的な装備にも余念がない。夕ラッシュの市内中心部でその姿を捉えると、現役車両らしいその活躍ぶりに思わず目を細めてしまう。

福岡市内線仕様


熊本市交通局上熊本線:杉塘-段山町/303レ:熊本市交通局5000形5014AB
道路で電車を撮るのは久しぶり。姿が見えてからも後ろからやって来る車の動きから目が離せない。直前に脇道から飛び出してきた車に肝を冷やしたものの、切り位置ではなんとか抜けてくれた。路面電車ならではの緊張感といったところだが、慣れない身にはあまり気持ちのいいものではなかった。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ