香椎線

Nakamichi


香椎線:雁ノ巣-中道信号所/2737D:キハ47 8072+キハ47 73
文字通りの海ノ中道を行く姿の通り香椎線は九州きっての平坦路線で、一旦は投入されたキハ200は贅沢とされたのかいつしか取り上げられていた。以来キハ47、それも原型機関ばかりが博多のすぐそばに残っていたのだが、今回BEC819系11編成を一挙に投入して電車化が叶うこととなった。あまりの早業に降参を決め込んでいたところ、改正直前のバリ晴れの誘惑に負けて遅ればせながら葬式参戦。4車線道路も見どころと思って構図を組むと、折よく車が途切れてくれてすっきりと仕上がった。

混色4連


香椎線:須恵-須恵中央/5727D:キハ47 1080+キハ47 156+キハ47 9074+キハ47 130
2008年ごろに突如として始まった香椎線の顔面ブルーマン化だが、未だ完全統一には至らず混色運用が続いている。2連のペアでも揃っていない場合が多く、4連がどちらかに揃う機会はなかなかなさそう。この朝は九州色ユニットとアクアライナーユニットを合わせたこの4連が一番整っていた。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ