篠栗線

黒6快速直方


篠栗線:門松-篠栗/4620H:813系Rg014編成+Rgxxx編成
福北ゆたか線の平日朝は813/817/BEC819系を自在に組み合わせた多彩な編成が楽しめる。その中で813系を2本連ねた6連は少し特別な存在で、良光線で捉えられるのはラッシュ終了後の直方行に限られる。手近な路線なのでちょこちょこ足を運んでいたが、春本番が来る前に建物影が抜けてくれた。太陽高度は28度、側面が少し弱いがブラックベースに黄色が映える渋い813系をしっかり記録できた。

白4快速博多


篠栗線:筑前山手-篠栗/4663H快速:817系2000番台4連
筑豊地区と博多をバイパスする篠栗線は同時に都市近郊路線としての役割も果たしており、篠栗までは日中でも毎時5本が確保されている。電化されたとはいえ単線ではいっぱいいっぱいの本数で、817系の継続的な投入により車両性能の統一が図られてきた。415系が放逐されたのは残念なところだが、製造年次による817系のバリエーションも興味深い。八木山峠を見下ろす展望台から狙ったのは白い817系で統一された編成。真っ白な4連が黒く沈む森にくっきりと浮かび上がった。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ