宗谷本線

スランティーヤ


宗谷本線:北星-日進/62D特急「サロベツ」2号:キハ183系3連
国鉄色じゃないと油断していたが、これは確かにかっこいい。

Grand station


宗谷本線:旭川駅/53D特急「スーパー宗谷」3号:キハ261系SE202編成
函館本線の終点であり、宗谷本線の起点となる旭川駅はトータル4系統が集まる一大ターミナルで、4面7線を擁する高架駅となっている。高架化がなったのは2011年のことで、総上屋構造でホーム端には風よけのガラスフェンスが設けられるなど雪と風の対策は万全。しかしそれでも内陸に位置する旭川の冷え込みは半端なものではなく、最北とはいえ沿岸部の稚内よりもずっと寒かった。

N45°


宗谷本線:歌内-天塩中川/雪372レ:DE15 2511
最北のラッセルを狙って1000マイル彼方の宗谷本線まで展開。片道200kmのシャトルランを2往復してパウダースノーを掻き分けるDE15を追い掛けた。絵作りとしては雪の飛び方が重要になってくるのだが、2日の展開ではなかなか読み切れないまま後悔の山を作ってしまった。ただ雪の条件は素晴らしく、南稚内から3時間足らずでこの着雪具合。氷柱を垂らして走る姿にすっかり魅せられてしまった。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ