九州新幹線

CLIMBER


九州新幹線:博多-新鳥栖/5411A「さくら」411号:800系U004編成
博多総合車両所を過ぎた九州新幹線はいきなり急勾配に差し掛かる。福岡平野と筑紫平野を分ける脊振山地を貫くためで、長大なトンネルを駆使しながらも地中に延びる水脈を乗り越えるべく35‰が加わる。勾配を35‰に収める工夫は高さを稼ぐための高架橋にあり、峠道が市街地に食い込む独特の景観をなしている。北陸新幹線の碓氷峠よりもきついだけに九州新幹線は全電動車編成で揃えられており、速度が乗ってないこともあって風切り音よりもモーター音が耳に残る。

出目金


九州新幹線:熊本総合車両所/800系1000番台U009編成

山岳新幹線


九州新幹線:博多-新鳥栖/5331A「つばめ」331号:800系U006編成
玄界灘に面する福岡平野と有明海岸の筑後平野は瓢箪型につながっており、ちょうどくびれの部分に大宰府が置かれていた。旧来の交通ルートはそこに集中していて鹿児島本線・西鉄天神大牟田線・国道3号線・九州自動車道が身を寄せ合って通過する様は、京阪間の天王山周辺にも似た雰囲気がある。天王山では東海道新幹線もその一員に加わっているが、半世紀近い時を経て建設された九州新幹線は別ルートを取り、西に聳える脊振山を貫いている。大半をトンネル区間が占めるが希少な明かり区間は山岳路線の様相で、深い緑にモーター音を響かせて800系が坂を駆けのぼってきた。

長期離脱中


九州新幹線:熊本総合車両所/800系U005編成(熊本地震被災編成)

謹賀新年


九州新幹線:博多-新鳥栖/5335A「つばめ」335号:800系U003編成
今年は酉年。鳥の名前を冠した列車名はスマートでいい。 

illumination


九州新幹線:博多-新鳥栖/5337A「つばめ」337号:800系U004編成
街灯りが沁みる寒空の下に800系が走り出す。新製から12年、博多で迎える冬も5回を数えた。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ