湖西線

バイパスルート


湖西線:和邇-蓬莱/4029M特急「サンダーバード」29号:683系4000番台+681系
北陸本線の短絡線として湖西線が開業したのは1974年のこと。山陽新幹線が博多までたどり着いていない段階で整備されており、そのことがこのルートの重要性を物語ってもいる。ただデータイムのサンダーバードは1時間に1本の運転だけで意外と間隔が開く。アングルを考える時間には困らないわけだが、どうとでも撮れる場所だとあれこれ悩む時間が増えるばかりとなる。立ち位置を変えたりレンズを変えたりいろいろ試して、最終的には400mmでスケールの大きなS字カーブを縦に切り取った。

奥琵琶湖


湖西線:マキノ-近江中庄/4060レ:EF510-7+コキ20両
EF510は2002年に登場してから徐々に勢力を拡大し、今夏からは日本海縦貫線の貨物輸送をほぼ一手に引き受けている。富山に集まった38両には塗装のバリエーションもあるのだが、なんだかんだ0番台の赤色が一番で、俯瞰で引いても目立つところも嬉しい。好視程を恃んで向かった湖西で俯瞰撮影地を算段していると、4060レが0番台牽引でコンテナフル搭載の情報。この時期でも日が当たると読んでビラデストの俯瞰に向かった。山影が伸びる中でやきもきさせられたが、札幌始発にも関わらずほとんど定時で姿を見せたおかげで光のあるうちにシャッターを切ることができた。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ