[航空]いろいろ

赫灼行路


JAL327:Tokyo Haneda-Fukuoka/Japan Airlines Boeing 777-246:JA771J
灼けたコンクリートが鈍く光を返す。淡い階調に都市の質感が見えた。

Local Airliner


ANA550:Kagoshima-Osaka Itami/All Nippon Airways Boeing 737-5L9:JA358K
ついに九州南部が梅雨明け。勢いに任せて南へ走ると鹿児島空港は抜群の視程で出迎えてくれる。夏らしい緑の霧島連山をバックに新旧ローカルエアライナーが鮮やかだった。

ローパス


海上自衛隊第71飛行隊[岩国]/US-1A改/9090
低い!近い!素晴らしいものを見せてもらった。

ななろく










17:10/Russian Federation Air Force:Yamaguchi Ube-Irkutsk/Ilyushin76-MD:RA78762
今回のプーチン御一行は大所帯で、しっかり専用車を持ち込むやる気の入り様。運んできた飛行機が貴重な葉巻エンジンの初期型Il-76とあって嬉しい来訪者となった。海に突き出した宇部に撮影地は皆無かと思いきや、案外いろいろなところからカメラを向けることができた。加えて雨も上がってクリアな冬晴れが広がる。最高の気分で転がり正面狙いで待っていたのだが、まてどもまてども動きが見えない。結局離陸は日没後で、しかも逆ランと期待の裏切り方も超一流のゲストであった。

Windshield


19:28/SFJ52:Fukuoka-Tokyo Haneda/Star Flyer Airbus A320-214:JA09MC

紅一点


NU63:Fukuoka-Naha/Japan Transocean Air Boeing 737-446:JA8999
17時半の那覇便にアサインされたSWALを狙いに行ったが残念ながら離陸は日没後となった。10月のはじめには夕日に染まる姿を捉えられたものだが、露往霜来の通り冬への移ろいはあっという間に進んでいる。灯りを点してエアボーンしたSWALを見送ると、吹き抜ける空気の冷たさに気付く。

Terminal 3


19:46/JQ12:Tokyo Narita-Gold Coast Coolangatta/Jetstar Airways Boeing 787-8:VH-VKG

たられば


18:14/CX507:Kansai International-Hongkong/Cathay Pacific B777-367:B-HNE
関空にもデッキがあれば、と思わずにはいられない。

接近戦


CI173:Kansai International-Taipei Taoyuen/China Airlines B747-409:B-18205
関空では飛行機に近づくことが難しいため、機体のクローズアップを狙えるポイントは限られる。その数少ないポイントの一つが41番スポットで、プッシュバックの際にはかなり近くまでやってきてくれる。ただし寄ったところで離着陸の際の様な迫力には欠けるため、バルブなどでアクセントをつけたいところで、そういう意味でも19時過ぎのダイナスティの747が狙い目。シャドー気味になった胴体に二条に零れるキャビンライトが綺麗に映えて、747に備わる美しさがよくわかる。

ナイトステイ


21:59/JTA48:Naha-Chubu Centrair/Japan Transocean Air Boeing 737-446:JA8995
セントレアは海上空港ゆえの撮影地の少なさから足が遠のいていたが、ふとスケジュールを確認してみるとJTAの737が2機もナイトステイすることがわかった。加えて狙いを737に絞れば案外撮れないこともなさそうなので実地調査に足を運んだ。ひとまずデッキ閉鎖間際に乗り込んでエプロンを見るとずらりと737が並ぶ。手前にSWALが止まっていれば完璧だったが、鶴丸塗装も悪くはない。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ