[航空]いろいろ

goodbye Dolphin


Fukuoka/JA306K

Ishigaki/JA300K

Fukuoka

Kagoshima/JA357K

Tokyo Haneda/JA8595

Fukuoka

Fukuoka/JA358K

Kagoshima/JA358K

Komatsu/JA8404

Chubu Centrair/JA8595

Kagoshima/JA8596

Kagoshima/JA357K

Ishigaki/JA8595

Kagoshima/JA359K

Kagoshima/JA8196

Osaka Itami/JA300K

Fukuoka-Ishigaki

Tokyo Narita-Fukuoka/JA306K

Tokyo Narita-Fukuoka/JA306K

Fukuoka

Osaka Itami/JA8596

Osaka Itami/JA300K

Fukuoka

Chubu Centrair/JA307K

Tokyo Narita/JA306K

ANA254:Fukuoka-Tokyo Haneda/All Nippon Airways Boeing 737-54K:JA306K
ロングボディにウィングレットを備えた現代の737は随分とスマートになってしまったが、ANAの-500はずんぐりむっくりなシルエットに原型機の雰囲気があった。37000ftまでしか上がれなかったり、スピードが遅かったりとスペックの面でも歴然とした違いがあり、キャビンの居住性もお世辞にも褒められるものではなかったが、フライトスケジュールにあれば好んで予約を入れていた。空港でも時間を確認してカメラを向けるちょっと特別な存在で、MRJ開発遅延のおかげで延命したこともあって多くの記録を残すことができた。最後の見送りはCAやらGHで華やか賑やかな福岡空港デッキで、離陸滑走を始めるとすぐに見えなくなってしまい感傷に浸る暇もなかったが、帰って昔の写真を見返していると湧き上がる寂しさを認めざるを得ない。

TOKYO 2020(+1?)号




JAL8126:Matsushima-Tokyo Narita/Japan Airlines Boeing 787-8:JA837J

幻に終わった聖火リレーだが、アテネからの輸送は無事に行われて特別塗装の787が話題を攫った。イメージ通りカッコよく仕上がったJA837Jのフライトは今のところ成田ー羽田ーアテネー松島ー成田と4レグだけで、現実的な撮影チャンスは松島と成田に絞られた。なんとかして離陸を撮りたい思いはあったが、海に近い松島は立ち位置が限られるため断念。成田でタイヤ一発勝負となった。慣れない到着機撮影、ランウェイも不確実と多少の不安要素を乗り越えて、なんとか34Rに降りる姿を捉えることができた。とはいえタイヤはタイヤで、離陸撮影のような緊張と興奮とは無縁だったが、そのうち撮っておいてよかったと思えそうな一枚を手元に残せた。

Off block


17:34/THA677:Tokyo Narita-Bangkok Suvarnabhumi/Thai International Airways A380-841:HS-TUE

饗宴


Turkmenistan Airlines Boeing 777-22KLR:EZ-A777
Air India Boeing 747-437:VT-ESO
Government of Netherland Boeing 737-700BBJ:PH-GOV
Government of Kazakhstan Airbus A330-243:UP-A3001
Royal Moroccan Air Force Boeing 737-8KB BBJ2:CN-MVI
Republic of Korea Air Force Boeing 747-4B5:10001
Brazilian Air Force VC-1A Airbus A319CJ:2101
待ちに待った即位礼正殿の儀が無事執り行われ、悪天をついて世界中から専用機が集まってきた。生憎VIP機が連なって降りてきた21日は展開できず、散発的な出発機を狙って羽田周辺をウロウロする羽目になった。しかも気を持たせたドイツやブルネイも結局日没後の離陸となり、ぐったり疲れた体をP3駐車場に運ぶとずらりと並んだ特別機が出迎えてくれた。心地よい秋風に日の丸も綺麗にたなびいて新時代を祝福している。構図を変えて気持ちよくシャッターを切っていると追加でカザフスタンのA330がトーイングされてきて、専用機ばかり都合7機をワンフレームに収めることができた。

翼端


Narita International Airport/Jetstar Japan Airbus A320-232:JA19JJ他
1990年代は長距離機材を象徴するような存在だったウィングレットだが、2010年代に入ってナローボディに至るまで普及が進んだ。色も形も様々に翼を飾っている。

VCRA


16:47/ANA628:Kagoshima-Tokyo Haneda/All Nippon Airways Boeing 767-381ER:JA605A

暁に青く


5:01/JAL01XJ:New Chitose-Fukuoka-Osaka Kansai/Japan Airlines Airbus A350-941:JA01XJ
今年の梅雨はスタートが遅かった分後半はだいぶ気合が入っていて、延々と灰色の空をループしている。カメラを持ち出すには相当のきっかけが必要となり、各地で予定されていた護衛艦の寄港・公開はスルーできたが、A350飛来にようやく重い腰が上がった。狙いはオープンスポットでのナイトステイで、空がまだ真っ暗なうちに空港に乗りつけた。近づいてみるとナトリウム灯に照らされた機体が眩しい。駐機位置も狙い通りで、多少はかっこよく見える斜め後ろからの画角を得た。三脚を立てていると大粒の雨が降り出して難儀したが、蒼然とした夜明け前の空が効いて思い通りの絵に仕上がった。

A340 in Fukuoka












GAF883:Berlin Tegel⇔Fukuoka/German Air Force Airbus A340-313:16+01"Konrad Adenauer"
先日宮崎に降りたカタールアミリのA340を撮り逃して悔しい思いをしていたら、地元福岡にルフトバッフェのA340がやってきた。生憎連日曇り続きではあったが、転がり・バルブと真面目に足を運んだ。離日時はスイスのファルコンやSAMガルフなどが続々34で上がる中、A340もスポット移動を済ませて、折よくランウェイも16に変わった。追い風制限もかろうじてクリアして準備は揃ったと思ったら、肝心のドイツ副首相オーラフ・ショルツがなかなか帰ってこない。結局離陸は日没をはるかに過ぎた19時51分で、真っ暗な中レンズを振る羽目になった。さすがに次のチャンスが期待できないだけに懸命にランディングライトを追ってみたが、光が足りず記録写真然とした仕上がりとなってしまった。

Flying boat


海上自衛隊第31航空群第71航空隊/US-2:9903
実任務の急患輸送を離島で待つという博打を除けば、US-2の離着水を狙えるチャンスは新明和甲南のテストフライトと観艦式系のイベント、そして大村基地航空祭に限られる。大村は晴れれば順光という申し分ない条件が揃うはずなのだが、5月末という開催時期からか例年ウェットな天気となりがちで、さらに言えば風向きによっては何とも言えない送り絵になってしまうというリスクもある。今年は前日から悪天続きで、かろうじて当日朝に飛来するというギリギリぶりだったものの、帰投時には南からの風とそれなりの視程が提供された。プカプカと航走しながら滑走開始位置を細かく調整してシーレーンにアライン。エンジンをひと吹きして水煙が立ったかと思うとあっという間に空中に浮かび上がった。

50th


CAL117:Fukuoka-Taipei Taoyuen/China Airlines Boeing 747-409:B-18212
いよいよ最終段階に入った感のある旅客型747だが、50年目を迎えた今年も福岡でその姿を捉えることができた。スポットがよかっただけにロゴライト非点灯がどこまでも悔やまれる。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ