日差しを受ける機会が相変わらずないので、過去絵発掘事業が続いている。ここのところの東京の日照時間は昨年度比51%というから相当のものだ。

Spoorlijn Maastricht=Venlo:Station Maastricht/Sittard=Roermond Sprinter:NS Class MAT64
天気も悲惨だが、過去絵もなかなか見つからず、駅撮りの雑な写真ばかり出てくる。今回はフランス北東部のリールからドイツのケルンまでの移動中に撮った一枚。このルートは一連の旅の後半だったので節約のため何本かの普通電車で辿ることとなり、おかげで乗り換え駅のマーストリヒトでドッグノーズことMAT64に出くわすおまけがついた。オランダの電車の代名詞的な存在でもあったドックノーズだが、勢力の縮小は続いており、地方線区で細々と活躍するのみとなっている。マーストリヒトは残された拠点の一つのようで、1時間のあいだに何本かのMAT64を見ることができた。