[鉄道]サイドビュー

敗戦


山陽本線:厚東-宇部/9931レ「サロンカーあさかぜ」:EF65 1133+14系改客7連
大サロとは言え一応夜行列車との影抜けチキンレースとあって、久々の感覚に高揚感を感じつつ陽の上がりを待つ。しかし通過直前になっても中間4両目あたりの影が抜けきらない。編成先頭と後部の影抜けは確認していたが、盲点となっていた中間車に足を掬われた形。何も撮らないよりはと、流し撮りでお茶を濁したが結局築堤が影から抜けたのは通過4分後だった…無念。

Tc115-608


山陽本線:入野-白市/329M:115系C13編成
1966年製、115系最古参のクハ115-608をようやく捉えた。経年車の淘汰が進んだため非サッシ窓というだけでも目立つのに、加えて屋根上には急行型然としたAU13がパラパラと並ぶ。こんな個性溢れるオールドタイマーながら10年以上年下の1000/2000番台とペアを組んで矍鑠たる働きぶりで、運用範囲の広さゆえに出会える機会がなかなか持てなかったが、やっとその独特なサイドビューを収めることができた。秋の朝陽に照らされた休日らしい雰囲気の乗客たちもいい味を出してくれている。

検電アンテナ


鹿児島本線:原田-天拝山/2330M:415系500番台Fo507編成+Fo103編成

青釜


鹿児島本線:天拝山-原田/59レ:EF81 453+コキ

博多夜遊び


福岡県道43号博多停車場線:蔵本交差点/いすゞQDG-EXZ52AJ+N700系4000番台783-4011
夜更かし嫌いで避けてきた陸送撮影だったが、人気の裏にはそれなりの訳があるだろうと未明の博多港中央ふ頭に車を走らせた。着くとちょうど引出の頃で、少し先回りして歩道橋から交差点を行く姿を狙う。折よく信号待ちの車に照らされてピカピカ純白のサイドビューが博多の街に浮かび上がった。後続車のおかげでヘッドライトに光が入ってくれたのも嬉しい。

青い快速


山陽本線:神代-大畠/9531レ「山口DCオープニング」1号:EF65 1133+12系5連
山口DC初日は客車3編成の大盤振る舞いで、それに青空全開の秋晴れが重なった。PF+12系が充当された記念列車は大畠をいい時間に通過してくれるとあって、統一感のある編成美と瀬戸内海との大パノラマを思い描いてまっすぐ飯の山展望台に向かう。登ってみれば視程は最良で見事な景色が迎えてくれたのだが、大パノラマにすぎて計6両の編成は風景に負けてしまう。橋上での接近戦に移る暇はなく、結局は絶景の大半を望遠レンズの外側に切り捨てる羽目になってしまった。

O+M


鹿児島本線:竹下-博多/回3226M:415系Fo120編成+FM1512編成

DT129D


鹿児島本線:天拝山-原田/4081レ:ED76 1021+コキ
大柄な車体に柔らかな印象があるED76だが、足回りの装いは厳めしい。DT129の台車中心から車輪の脇を経てスカートの下まで伸びる引張棒がその一因で、F級機の台車とは違ったメカメカしい雰囲気が見て取れる。この棒は牽引力を台車からスカート下に延びた車体枠へと伝える役割を果たしており、低い位置で力を伝達することで軸重の移動を抑え、空転を防ぐ仕組み。こうした機械的工夫は視覚的にわかりやすく、インバータ制御に多くを任せる現代機関車とはやはり一味違っている。

TR402K


日豊本線:杵築-大神/3035M「ソニック」35号:883系Ao17編成
軸距2250mm/車輪径810mm

煌々


鹿児島本線:海老津-教育大前/67M「きらめき」17号:787系Bm13編成
おでこのライトを灯してタイフォン一声、列車は満を持して城山トンネルに飛び込んでいく。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ