[鉄道]編成

ひとつぼし


筑肥線:今宿-下山門/784C:305系W4編成
低い光線がサイドよりに当たるシーズンオフ間際を狙って行ってみると、確かに良光線に綺麗な緑の背景が揃っていたが、順光になる時間があまりに短い上に列車本数が少ない休日に訪れたのが運の尽き。結局綺麗に捉えられたのはよりによって目的外の305系だけと散々な結果に終わってしまった。

再履修?


西鉄天神大牟田線:八丁牟田-蒲池/A173レ:西鉄5000形5114F+5032F

西鉄天神大牟田線:八丁牟田-蒲池/A171レ:西鉄5000形5124F+5000形4連
幌影が気になったのと2パンタ編成で撮りたかったので1か月を置いて撮り直しに行ったものの、撮ってみてわかったのは1回目の条件のよさ。再履修のコマは順光である分立体感が損ねられており、光線のヌルさを鑑みても一発目のほうがかっこよかった。もう一つのバリエーションとして土日代走時の3+3を撮ってみたいのだが、秋の進みは速くチャンスが得られるかどうか。

4090mm


函館本線:長万部-二股/8011D「ニセコ」:キハ183系4連
キハ183の全高はなんと4090mm。背高のデザインを攻略できず後悔の残る結果となってしまった。

福岡市内線仕様


熊本市交通局上熊本線:杉塘-段山町/303レ:熊本市交通局5000形5014AB
道路で電車を撮るのは久しぶり。姿が見えてからも後ろからやって来る車の動きから目が離せない。直前に脇道から飛び出してきた車に肝を冷やしたものの、切り位置ではなんとか抜けてくれた。路面電車ならではの緊張感といったところだが、慣れない身にはあまり気持ちのいいものではなかった。

DAZAIFU


鹿児島本線:大宰府信号所/2325M:415系Fo507編成

確率60%


宇部線:深溝-上嘉川/1822M:クモハ123-3(U14編成)+105系U01編成
地味な123系ながら撮っている人はいるもので、twitterで見かけた上嘉川のインカーブにお邪魔した。この列車昨年はクモハ105をつなぐ3連だったので、どうやら春の改正で運用が変わったものらしい。クモハ123は車両によってパンタ位置が異なり、片開きドアを備えた可部線仕様の3両が1822Mに入ってくれれば前パンとなる。単純に考えると3/5の確率だが、初回は外してクモハ123-5がやってきた。3/5なら次は行けるだろうと翌々日に再訪、アングルも考え直してこの一枚を得た。

凸□□□□□


山口線:長門峡-渡川/9575レ:DD51 1043+35系4000番台5連
35系の出場以来半完成状態での試運転が続いているが、山口線までの中途半端な距離と時間帯が祟って一度も撮れないままだった。晴天の運転日も寝坊で逃して悔しい思いをしていると、意外な日付でチャンスがやってきた。反省を活かし前日夜出発ですっきりと編成を収められる撮影地を探したが、目星をつけたところは悉く外れ。作戦を変えて定番のポイントで最適解を模索するも、出遅れたせいで立ち位置は選べず、課題の残る一枚となった。

Sunny Yellow


指宿枕崎線:生見-薩摩今和泉/1323D:キハ200-9+キハ200-5009

順光編成写真(広義)


山陽本線:下関駅/回レ:キヤ143-7+35系4000番台5両+キヤ143-8
たまにはイロモノが撮りたくなって、というよりは編成写真が撮りたいところでネタがあったので本州まで足を延ばした。お目当ては旧客もどきと機関車もどきの組み合わせ。1駅間のみの回送で撮影地探しには苦労したが、灯台下暗しで下関駅が順光になることに気がついた。あさかぜの出庫を撮って以来実に12年ぶりのポイントだったが、ありがちな線間のロープ等もなく手軽にすっきりと編成を捉えることができた。

混色4連


香椎線:須恵-須恵中央/5727D:キハ47 1080+キハ47 156+キハ47 9074+キハ47 130
2008年ごろに突如として始まった香椎線の顔面ブルーマン化だが、未だ完全統一には至らず混色運用が続いている。2連のペアでも揃っていない場合が多く、4連がどちらかに揃う機会はなかなかなさそう。この朝は九州色ユニットとアクアライナーユニットを合わせたこの4連が一番整っていた。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ