[鉄道]風景

夏が来る


日田彦山線:石原町-志井/964D:キハ147 54+キハ47 8120
今年は「平成最後」のオマケつき。

斜交


唐津線:鬼塚-山本/5826D:キハ47 136+キハ47 9126

雨の月曜日



広島電鉄宇品線:袋町-本通り/114レ:広電5000形5012号

View of Kitakyushu


鹿児島本線(貨物線):戸畑-スペースワールド/1051レ:EH500-45+コキ26両
今季最高の晴天を得て登った先は皿倉山。北九州の南側に連なる帆柱連山の一角で、ケーブルカーで山頂に登ると八幡市街から関門海峡までのパノラマが広がる。遠くまで見渡せる分、相応の視程が必須条件でしばらくタイミングを見計らっていたのだが、ようやくチャンスがやって来た。登って見るとA列車で行こうで作ったようなメリハリの効いた市街地の景色が迎えてくれる。列車が小さくなってしまう分、存在感を出すのに苦労したが、緑のヤマトコンテナを主体に26両を連ねた1051レはただの風景写真をしっかりと鉄道写真に仕上げてくれた。

金城湯池・西方海岸


鹿児島本線(肥薩おれんじ鉄道):薩摩大川-西方/8093レ:ED76 1021+コキ
鹿児島本線南部では随一の撮影地であって、今までに何度も足を運んではいたがなかなか納得のいく絵を得られていなかった。臨時貨物の光線条件がよくなるのは3月末だが、黄砂PM花粉の3コンボで水物の撮影には分が悪い。昨年は距離の前に二の足を踏んで機を逸してしまっていたので、今年こそはと思って勇躍朝7時前の西方海岸に降り立った。登ったり降りたり右に左にとうろうろした挙句なんとか構図を決めた。8時29分、記憶のなかの時間とほぼ違わずに8093レはほぼフル積載で姿を見せてくれた。とはいえアングル・条件共に満点には遠く、西方攻略の難しさを痛感している。

天気晴朗なれど


宗谷本線:豊富-下沼/雪372レ:DE15 2521
その分気温が上がって雪がザラザラになってしまい、朝方以外は絵にならなかった。晴れればいいというわけではないようで、宗谷ラッセルの奥深さがようやくわかってきた気がしている。

simutrans view


阪急京都線:十三-梅田/普通1345レ:阪急8300系C#8303x8R
大阪駅から徒歩10分。1000円を払って梅田スカイビルの屋上に上がるとpak128ぐらいのサイズ感で阪急の姿を楽しむことができる。他にも山陽新幹線、梅田貨物線、伊丹空港などいろいろなところに視線を奪われてsimutrans同様あっという間に時間が溶けてしまった。

賀正2018


長崎本線:肥前白石-肥前山口/2004M「かもめ」4号:885系Sm4編成

やくも#15


伯備線:岸本-伯耆大山/1015M「やくも」15号:クハ381-144+サハ381-228+モハ381-76+クモハ380-503
「午後からは西からの移動性高気圧に覆われて晴れるでしょう」。散々裏切られてきた気象庁の甘言にまたも乗せられてしまった訳だが、救われることもたまにはあるらしい。

Wednesday Queen


肥薩線:海路-吉尾/9011レ:クルーズトレイン「ななつ星 in 九州」:DF200-7001+77系7連
秋雨前線は今年も元気一杯で曇天雨天が続いていたが、台風21号が過ぎてようやく秋らしい青空が帰ってきた。しかし被写体選びに決め手なし。巡り巡ってななつ星を思い出した。水曜日のななつ星は肥薩線を白昼に下る。周辺の被写体も思いついて一路南進。朝方の川霧や抜けない山影、決まらないアングルと心休まらなかったが最後はなんとか落ち着いてななつ星を出迎える。ななつ星もデビューから丸4年が経ち、すっかり慣れた足取りで肥薩川線のお立ち台に収まった。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ