八戸線 侍浜-陸中中野/446D/キハ40青森車3連
日本海側の五能線同様、八戸線も海沿いばかりを走っている。しかし撮影に向かった日の天気は生憎の曇りで、海を入れて撮りたくなるような条件には程遠かった。海は諦め、八戸線が内陸に入る侍浜の周辺に向かう。ただし線路に近づけるような道が見つからずに右往左往。結局半ばヤケクソで陸中中野の駅に行ってみると駅の傍に踏切があって長い下り坂を見通せる。これ幸いと三脚をたてて列車を待つと、東北の優しい陽射しが育んだ緑の中に白いキハ40がくっきりと浮かび上がった。