小野田線 目出-小野田/1237M/クモハ123-5(U17編成)
言い方は悪いが、改造に改造を重ねた姿を形容する言葉はほかに見当たらない。トイレ設置により客窓はわずか2つとなり、その前に行われたドアの移設で一度はバランスがよくなったサイドビューは再び事業用車然としたルックスに舞い戻っている。極めつけは真っ黄色の塗装で、いよいよ旅客車の雰囲気からは程遠い。しかし蓼食う虫も好き好きとはよく言ったもので、小野田線訪問は今年に入って2回目。今回は18時過ぎのべたべたの光線を贅沢に使ってその気持ち悪い姿を端正に映しとめた。