山口線

凸□□□□□


山口線:長門峡-渡川/9575レ:DD51 1043+35系4000番台5連
35系の出場以来半完成状態での試運転が続いているが、山口線までの中途半端な距離と時間帯が祟って一度も撮れないままだった。晴天の運転日も寝坊で逃して悔しい思いをしていると、意外な日付でチャンスがやってきた。反省を活かし前日夜出発ですっきりと編成を収められる撮影地を探したが、目星をつけたところは悉く外れ。作戦を変えて定番のポイントで最適解を模索するも、出遅れたせいで立ち位置は選べず、課題の残る一枚となった。

扇形留置線


下関総合車両所新山口支所/キハ47 2501他

力行区間


山口線 仁保-篠目/9521レ「SLやまぐち」号/C57 1+12系5両
いい煙を出すことで知られる山口線。中でもトンネルが連続する区間では明かり区間に出るや否や猛烈な投炭が行われ、爆煙を上げて加速してくる。 くぐもった地響きが一転してドラフト音に変わり、新緑のなかに煙がもうもうと立ち上った。これでこそびしょびしょになりながら歩いた甲斐があるというもの。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ