筑豊電鉄

裏日本


筑豊電気鉄道線:感田-筑豊直方/29列車:3000形3007号
黒崎から遠賀川の右岸を進んできた筑豊電鉄は、終点直方の手前で向きを変えて川を渡る。堤防に立って列車を待っていると、川が北に向けて流れていることに気が付いた。遠賀川が注ぎ込む海は響灘、その先には日本海が広がっている。日本海側に位置する福岡県、今年の冬はそうした地理特性を実感させられることになるのだろうか。

3連節ツーマン

北九州工業地帯のど真ん中にある黒崎を出た筑豊電車は遠賀川の右岸を直方まで遡る。堂々たる複線電化路線だが、走っているのは路面電車規格の小振りな電車たちで、2000年に全廃された西鉄北九州線の名残をその姿に伝えている。

筑豊電気鉄道線 楠橋-筑豊香月/86列車/2000形2006ACB
いまだ車掌が乗務してのツーマン運転が行われており、その塗装もあいまって古びた印象を受けたが、今年3月からICカードでの乗車が可能となり、開業以来初めてとなる自社発注新造車である5000形の導入が始まるなど大きな変化を迎えている。時代にあった鉄道への進化と捉えるべきだが、その先に待っているのは合理化で、また一つ鉄道が寂しくなるような予感は拭えない。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ