両毛線

難色


両毛線:岩舟-大平下/437M普通:115系T1037編成+T10xx編成
東日本各地で隠遁生活を強いられていた211系がゾンビのごとくわらわらと復活して、いよいよ高崎の115系天国も終わりが見えてきた。巡礼地と化した北関東の冬は真っ青な空と冬枯れの茶色が織り成す独特の色合いに特徴づけられるが、そのどちらも湘南色の暗色に激しく映り込んでしまってなかなか綺麗な発色をさせてくれない。なんとかオレンジと緑をくっきり出そうと陸橋・インカ・ストレートと選択肢の豊富な大平下に赴いたものの、企みは道路の電柱などに妨げられて結局ド定番に落ち着いた。

赤城颪

身近で魅力的な被写体は減っているとはいえまだまだ残っている。高崎周辺の115系はその代表例と言っていいのだが、灯台下暗しで真面目に狙ったことがなかった。さすがにこの冬のうちに一度は撮っておこうと、重い腰を上げて両毛線に向かった。

両毛線 駒形-伊勢崎/461M/115系T1144編成
相変わらず安定して晴れてくれているが、赤城山から吹き降ろす北風が非常に強く、気楽に撮影ができる環境には程遠かった。その代わり空気は澄んで視程はばっちり。おかげでうっすらと冠雪した山々が湘南色のサイドビューを引き立ててくれた。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ