富山地方鉄道

富山地方鉄道

昨日はアルプスエキスプレスについて書きましたが、今回は富山地鉄で活躍するほかの車両にもスポットライトを当ててみようと思います。

まず、富山地方鉄道の自社発注車両でありおもに特急に使われている14760系。

14762IMG_3595

立山連峰の雷鳥をイメージしたという落ち着いた塗装が好ましいです。

14768IMG_3666
新塗装の14760系がうなづき号のマークを掲げて走ってきました。

雷鳥塗装が秀逸なのでカボチャのようなこのカラーは少し残念に思えます。

ステンレスのステップを兼ねた飾り帯にジャンパ線がついていたり、電気連結器を装備していますが多客期などには2両を2本連ねた4両編成での運転もあるようです。

折しも運転席では新人運転士の訓練中のようですが、富山地鉄はRAILWAYS2という運転士が主役の映画の舞台にもなっていたりもします。


10046IMG_3618
この塗装がよく似合うのは元京阪の10030系。

京阪は軌間が異なるので足回りは営団のマッコウクジラこと営団3000系のものと485系のものに履き替えられています。この編成は485系のDT32を履いています。

10030系は全区間にわたって普通列車に使用されています。


172IMG_3638
旧塗装がよく似合う14720系とクハ172の編成。

14760系と似通ってはいますがステンレス飾りや行先表示幕がないなどの違いがあります。

老朽化が進んでいる関係か電鉄富山周辺の区間運用などに使われていることが多いようです。


14770IMG_3757
車体裾が丸みを帯びた仕様の14720系も見かけました。

左側の14760系はクハ170形をつないだ3両編成で待機していましたが、残念ながら動いている姿を見ることはできませんでした。


12021IMG_3739
そして目玉といってもいいのがこの車両。

デキ12021です。

突然やってきたときは全く対応できなかったのですがどうにか折り返し列車が常願寺川を渡る姿を捉えることができました。このように工臨等に使われているようです。


IMG_3763
もちろんロータリー除雪車も保有しています。用途は明らかですね。

夏の間は稲荷町駅そばにある車庫の隅っこで休んでいました。


一方で富山地鉄には軌道線もあり、なかでも富山市内環状線には最新の車両が走っています。

9002IMG_3815
富山城跡をバックに停車するCENTRAMこと9000形。

このほかにも軌道線には7000形や8000形などいくつかの形式があるのですが1日ではさすがに記録できませんでした。

次回以降の課題ですね。


これから富山は雪に閉ざされた長く冷たい冬の時期ですが、そんな季節もこの車両たちには似合うような気がしてなりません。

アルプスエキスプレス

今日、富山地鉄のアルプスエキスプレスの報道公開がおこなわました。

僕が行ったわけではないので北日本放送の記事へのリンクを貼っておきます。

 

このアルプスエキスプレス、見て分かる通り元西武鉄道5000系レッドアローです。

全体としては西武時代の外見そのまま、とはしているもののデザインを担当した水戸岡鋭治氏らしくロゴが随所に配されています。鉄道ファン的見地からすると一つのロゴがついただけでも別の車両と思ってしまいますが、それでもやはりこの配慮はありがたいです。


16013IMG_3587
改造前の姿はこれ、今年の9月撮影なので今から考えるとギリギリのタイミングでした。

西武鉄道の社紋が外された以外はパッと見の違いはあまりありません。

少しわかりづらいのですが急行灯がついているのもいい雰囲気でした。


16011IMG_3633
サイドビューは西武時代とかなり違って見えます。

富山地鉄に譲渡されたのは車体だけなので足回りはJR西日本から入手した485系のものとなっています。

FS372が西武車のトレードマークでしたがDT32もなかなかに似合っています。


16011IMG_3694
うなづき号のヘッドマークを掲げるとこんな感じ。


稲荷町車庫に放置されていた中間車も復活して3両での運転となるアルペンエキスプレス、西武5000系改め富山地鉄16010系の新たな姿を早く見に行きたいところです。


富山地鉄アルプスエキスプレスは明日明後日の試乗運転から運転開始。

詳しい日程は富山地鉄ホームページに掲載されています。

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ