瀬戸大橋線・宇野線

海物語


瀬戸大橋線:茶屋町-植松/3141M「マリンライナー」41号:5000系M3編成+223系5000番台P編成
伯備線目当てで東へ走ったはいいものの、夜が明けてみれば山陰は霙らしい。瀬戸内側に居残りを決めて、最後は瀬戸大橋線に行き着いた。狙いはマリンライナーで、冬光線でしか撮れない5000系側の編成写真をきっちり押さえておきたかった。JR東日本テイスト溢れるサイドビューの先頭ダブルデッカーが編成美を崩してはいるのだが、顔つきのインパクトの前に違和感が薄れて三社混淆が程よく成り立っている。しかし塗装ぐらいは揃えてほしいところで、5000系登場15年に加えて瀬戸大橋線開業30年という節目を迎える来年あたりにリニューアルでもやってくれないかと期待してしまう。

Speed Runner

国鉄民営化直後はJR各社が高速化に邁進した時期で、相次いで登場した特急車はいずれも130km/hかそれ以上の速度を目指していた。同時に国鉄特急の標準デザインからの脱却を図って、バラエティー豊かな装いの車両が各地に現れた。

宇野線 妹尾-備中箕島/15M「しおかぜ」15号/8000系L4編成

そんななでも8000系は高速列車然としたスタイルで好ましい。一方の機能最優先の先頭車とも好対照で乗り入れ先の本州では独特な存在感を振り撒き、思わず狙いたくなる。今回もそんな誘いに乗せられて宇野線定番の陸橋からその流線型のラインを若干ながして切り取った。

Okayama 19:49


今年の夏至は生憎の空模様となった。梅雨前線に加えて気の早い台風までやってきてしまったからだ。

しかし日の入り時刻に関してはこれから少し遅くなる。遅い夕暮れを楽しむチャンスもあるだろう。

夏の日が落ちた後も空は明るく照らされて、昼と夜を青の濃淡でつないでいく。

Setouchi Triennale 2013


瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松・宇野で開催される瀬戸内国際芸術祭。

それに合わせて芸術祭らしい洗練されたデザインのヘッドマークが5000形に掲げられた。

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ