長崎本線:大草-東園/240D:キハ66 1+キハ67 1
千綿の棚田と並ぶ絶好の俯瞰撮影地、東園のみかん山から国鉄色のキハを狙った。ここは古くから車窓のハイライトでもあったようで、1967年公開の映画「喜劇急行列車」を見ると今とそう変わらない様子がわかる。物語は下り「さくら」の車中で進んで長崎終着とともにハッピーエンドを迎えるのだが、どうせなら折り返しの上りまで映しておいて欲しかった。当時の2列車は今の240Dと同じような時間で走行してくる。まさにこの光線条件でこのシーンに収まるDD51+20系8両編成の姿を捉えることができていたはずだ。