筑豊電気鉄道線:感田-筑豊直方/29列車:3000形3007号
黒崎から遠賀川の右岸を進んできた筑豊電鉄は、終点直方の手前で向きを変えて川を渡る。堤防に立って列車を待っていると、川が北に向けて流れていることに気が付いた。遠賀川が注ぎ込む海は響灘、その先には日本海が広がっている。日本海側に位置する福岡県、今年の冬はそうした地理特性を実感させられることになるのだろうか。