Lötschberg-Bergstrecke:Frutigen-Visp/IC:Re460+8B
山肌を縫うようにして走る旧線とアルプスを貫く新線の分岐はとてもダイナミックで、俯瞰するとNゲージのレイアウトのようだった。ただ模型と違って列車が来るタイミングは好き勝手にはいかないが、線路が山影に没する前にInter Cityが通りかかってくれた。