久々の大物は唐突にやってきた。Twitterに上がっている写真等を見るとどうやらアイレベルから正面が捉えられるようだったので、昨年のIL-76以来の夜遊びに出掛けてみた。


DUB1/A6-HRM/Dubai Royal Air Wing B747-422
のんびり京急で天空橋に向かって、地下からの階段を上ると垂直尾翼のライトが点いているのが目にはいる。動く気配が濃厚だったので、それまでののんびりモードから一転して焦り先行で走ることになる。それも時間を稼ぐために三脚の足を伸ばしながろフラフラ走るという無様さを披露する羽目になった。それでも必死で急いだおかげでアングルを少し変えて撮るぐらいの余裕はあって、収穫なしで帰る事態は避けられた。しかしクライマックスはバルブ撮影よりも、そのあとの超至近距離でのタキシングで、頭の上を主翼がかすめるような印象を受けるほどの近さだったが、そこは写真に仕上げることは叶わず、久しぶりの夜遊びはゆとりのなさから画竜点睛を欠いてしまった。