日本最速の座をE5系に譲りはしても、N700系は東海道新幹線の主役・日本の新幹線の顔として君臨している。甲乙つけがたい両者だが、N700系が圧倒的に恵まれている点がある。それは足回りを見通せるポイントで、防音壁が張り巡らされる東北新幹線では決して得られないものだ。


東海道新幹線 米原-京都/117A「のぞみ」117号/N700系
なかでも米原付近の高架橋は南北に通っており、夕暮れ時にはすっきりてしたシルエットを捉えることができる。それを狙って訪問を重ね、これで三回目。今回は西の雲が直接の夕日を遮ってしまったものの、おかげでバックは暗く落ちてノーズの輪郭を浮かび上がらせてくれた。