先週金曜日の試雪初日。予報は微妙だったが、山の天気の気まぐれに期待して北へ向かった。

信越本線 二本木-関山/試雪9374レ/DD14 327+DD14 332
平地区間で形式写真を押さえてから、妙高山を望む片貝俯瞰に先回り。DD14は全区間45km/h以下での走行で、しかもウィングを開く区間ではさらにスピードを落とすため、ポイントに到着してからゆっくりと風景を眺める余裕があった。雲の動きに一喜一憂しながら待つこと数分、線路一帯に日が差すタイミングでDD14が姿を見せた。こうして念願だった試雪をそこそこの条件で撮影することができたが、やはりロータリー車は雪を掻いていないと様にならない。今冬の特雪になんとかトライしたいところ。