OC-135Bは条約に基づく査察飛行という任務の特性上スケジュールが厳密に定められている。とすると昨年と同じような動きをすると予測できた。昨年の記録を検めると11月18日月曜日の7時過ぎに離陸している。今回も月曜日早朝だろうと思い、払暁とともに横田基地に展開して離陸を待った。
毎度のことながら風向きは安定しない。OC-135Bに先立って2機が南向きで、1機が北向きで離陸してハラハラ感を演出してくれる。結局タキシングを始めた段階でようやくRWY18での離陸と分かった。

61-2672 45RS OC-135B[Offutt]
立ち位置へと急ぎ、ドタバタとカメラを取り出しレンズを向ける。意外にもOC-135Bはそう低くない角度で上昇してきた。午前中の南向き上がりということで査察に用いる光学機器用の窓の開いたポートサイドを捉えられたのは幸いだったが、元気な離陸で高めとなってしまったのが残念。ヒートヘイズも多めで惜しい仕上がりに終わってしまった。

(参考:2013年11月の飛来記事http://signaltower.doorblog.jp/archives/34176074.html)