硫黄島での訓練に向かうホーネットを狙って厚木に展開すると、ちょうどVP-16の色つきP-8Aが飛来した。離陸側にいたため着陸を逃しがっかりしていたが、到着後1時間あまりでクリアランスを取り始めた。クイックで出発するようだったので慌てて離陸を狙える位置に移動する。

換算640mmのレンズで40mの機体を入れるには800mの引きが必要。しかし建物の関係で700mの引きしか取れない。真横は諦め、斜めのアングルに勝負を賭けた。


US NAVY VP-16 P-8A #168429 2750m/700m
果たしてポセイドンは予想よりだいぶ低い上がりを見せた。姿が見えた瞬間に入りきらない!と感じたがギリギリ収めきることができた。ウィングチップと各種アンテナが737らしからぬ凛々しい雰囲気を醸し出している。初見のP-8Aを一発で決められた喜びは大きい。ガッツポーズ。