中央防波堤では羽田34Rからの離陸機がターンする様を狙える。飯能からの始発でもうまく乗り継げば7時前に着けることがわかったのでトライしてみた。ゆりかもめのテレコムセンターから都バス波01系統の始発に乗って環境局中防合同庁舎前で下車、橋を渡って歩くこと10分弱で臨海トンネル入口のポイントに到着した。 

AA134/B777-200ER/N776AN

まずアメリカンのB777が時間通り上がってきた。アメリカンのニューヨーク便はあまりに早朝の出発ということで利用が伸び悩み、今月末を持ってしばらく運休することになってしまった。羽田34Rディパーチャーで捉えられるのは最初で最後になってしまいそう。

BA5/B777-200ER/G-YMMN

遅れていたブリティッシュエアウェイズのロンドン便も美しいターンを描いて上昇していった。こちらは定刻だと0635時発なので遅延のおかげで撮ることができた次第。前日の時点で遅れは予測できるので、狙って展開すればバスでも十分間に合う。ただランウェイ05に逃げられるパターンもあるようで油断は禁物かもしれない。