入間基地祭り恒例の402飛行隊の行列。本番ではC-1が6機でU-4が殿を務めるが、予行の日は毎回6機が揃う訳ではない。NOTAMでは一応6機と出ていても、4機だったり3機だったりする。これは運用されているC-1が減勢しているためで、一方任務自体は変わっていないため運用に余裕がなくなっているようだ。写真は10月28日の予行。生憎の天候だったが絞り込んでノーズギアライトの光芒を狙った。滑走路に映りこむ灯りまで拾えたのは幸運だった。


他方10月31日の予行に参加したC-1は4機。見どころのフォーメーションフライトも迫力を欠くだろうと単機での機動に狙いを絞る。光線を勘案して入間基地東側の県道50号線、化粧品の工場のあたりにポジションをとった。家や電線に邪魔されて、なかなかいいカットは得られずやきもきしたが、最後のループでC-1の姿がファインダーいっぱいに広がった。