11/4追記:スリランカはA330とA340を併用しているようで2013年冬スケでもA340の飛来もありえるようだ。


夏季時刻表から冬季時刻表への切り替え途中の日曜日。久々の好天に恵まれた成田に展開してきた。使用レンズは400mm単焦点一本。換算焦点距離は640mmになる。


11:12/JL719/B777-300ER/JA740J/pointA/〇

光線が許容範囲になる11時過ぎにはJALのB777-300ERが相次いで離陸する。そのうちシンガポール行きの機体は程よい離陸を見せてくれた。これを参考にシンガポール航空SQ637便のB777-300ERをBポイントで狙ったが移動が裏目に出て失敗に終わった。28日からはA380での運航となるため反省を活かす機会はなかなか来なさそう。

11:18/KZ30/B747-400F/JA07KZ/pointA/〇

同ポイントにて上がってきたNCAのフレイター。フランクフルト・ハン空港に向けた低い上がりを見せてくれた。


11:35/CA1074/B747-400BCF/B-2458/pointA/高い

さらに続けてエアチャイナカーゴのフレイターも上がってきた。普段は軽々と上がって行く姿ばかり見ているが、この日は珍しく低い上がりを見せてくれた。貨物機は荷物の積載量によって上がり方が全く変わってくるので狙って撮るのは運に任せる要素が大きい。今回少し高めながら撮ることができてよかった。


11:43/BA6/B777-300ER/G-STBD/pointC/高い

移動途中にブリティッシュエアのB777-300ERを捉えた。ウィングチップつきの機体は高めに見えやすい傾向にある。


12:25/AY73/A340-300/OH-LQD/pointD/〇

この日のメインディッシュだったフィンエアーのA340.夏季の離陸時間は11時で光線状態が悪く、A340の冬季スケジュールでの12時離陸を捉えることができたのは幸い。28日からはA330での運航となっている。
細かい立ち位置調整が悪く、主翼が垂直尾翼にかからないアングルでは機体は藪に隠れてしまった。合格点ではあるが満足はできない。なお同DポイントではスカンジナビアのA340は低すぎて見えなかった。


12:28/SB801/A330-200/F-OJSE/pointC/高い

フィンエアーを撮った直後にわずかに移動して撮影。今まで日の長い時間に着陸を撮るのが精いっぱいだったエアカランが2013年冬スケジュールからは着陸・離陸ともに撮影可能時間帯に変更された。森から飛び出してきて視界に入るころにはギアハッチは閉まっていたのでもう少し低めに捉えられるだろう。


12:30/GA885/B777-300ER/PK-GIC/pointC/高い

同ポイントにて夏ごろに投入されたガルーダインドネシアの新鋭B777-300ER。こちらもレイクドウィングチップの分を差し引いても垂直尾翼より上側に主翼が来ておりよろしくない。


12:33/VO52/B777-200/OE-LPA/pointC/〇

ここではオーストリアのB777-200だけが例外的に低めに上がってきた。エンジンの重なりや主翼もほどよい感じで及第点。


13:16/AF275/A380-800/F-HPJB/pointE/〇

オーストリアの後、エールフランスのA380とルフトハンザのA340-600を捉えるべくポイントEに移動した。ここは基本的にA340-600を撮るためのポイントで、ヴァージンとルフトハンザの両便はこの位置でようやくギアが閉まるのだが、ぼーっとしていたため写真は残っていない。ここは上昇角の低いA380にも有効なポイントだがアジア路線の機体は高めになってしまうだろう。

13:31/UL455/A330-200/4R-ALJ/pointF/高い

スリランカは夏季スケジュール途中からA340に代えてA330-200を投入している。


11/4追記:スリランカはA330とA340を併用しているようで2013年冬スケでもA340の飛来もありえるようだ。


14:08/KE704/B777-300ER/HL8274/pointG/高い

大韓航空は様々な機材を用いて日本に乗り入れているが、長距離線用のB777-300ERは2013年から受領が始まり、現在2機しか保有しておらずレアな存在。今後は徐々にみられる機会が増えるのか気になるところだ。


14:45/PR433/A340-300/RP-C3430/pointH/低い

フィリピンの機材変更はチェックしておらず、森から飛び出してきたA340には驚いた。これまで関空やセントレアにはたびたび飛来していたものの成田にはほとんど飛来していなかった。これからはA330とともに共用されていくようだ。


15:47/CX451/B777-300/B-HNJ/pointC/〇

夕方の日替わりキャセイはB777-300が登板した。同距離のフライトでは-300ERと比較すると-300のほうが推力が小さい分上昇角も小さくなる。


15:50/CZ386/A330-200/B6135/pointC/高過ぎ

冬季スケジュールからB787での運航となることがアナウンスされていたが直前で延期となり、今のところA330での運航が続いている。広州行のこの便はギアアップが不思議と遅く、その割に上昇角が大きいためお腹がちのアングルになってしまう。離陸を撮る難易度は一番高いかもしれない。


16:26/CX521/A330-300/B-LAK/pointI/高い

27日は夕暮れまで雲一つない青空が広がった。冬を思わせるオレンジ味の強い夕日を浴びるA330で撮影を締めくくって帰途についた。


27日の撮影ポイント一覧

1301028d