ED75からEH500への完全置き換えが完了して1年あまりが経った。ED75は工臨・操配用にわずかに残るのみとなったが、東北の交流機には新しい話題も生まれている。青函トンネルが新幹線標準の交流25000Vへ昇圧する関係で複電圧対応のEH800が新製された。試作の901号機は津軽海峡線での試運転を経て、現在は東北本線で走り込みを行っている。

写真は拠点となっていた東福島駅での光景、ちょうど東日本大震災で発生した瓦礫を広域処理するための輸送列車がEH800の傍らを駆け抜けていった。