今朝は東郷-赤間間の鹿児島本線で撮影をスタートしました。
九州の朝は遅く、7時にようやく日の出を迎えます。
しかも今日は小雨の振るあいにくの天候で、撮影条件はとても厳しかったです。

最優先目標は佐世保線から上ってくる国鉄色のFm5編成だったのですが、787系12連で運転されるきらめき3号や415系12連で運転される3123Mもしっかりとっておきたいと思っていました。

残念ながらきらめきは撮影に失敗。被写体ブレで撃沈でした。
それにしても787系の12連とはかなり豪華な編成です。
IMG_9663
3123Mはどうにか大きなミスなく収めることができました。
スーパーらしき建物の看板が目障りではありますが、ここは目をつぶることにします。IMG_9699
Fm5編成は若干失敗したもののどうにかリカバリーできる程度でした。
かなり褪色が進んでいるのでかえって雨のほうがよかったかもしれません。

IMG_9728
追ってきた快速門司港行も手堅く撮影。快速の文字が予想以上に小さくて驚きました。
IMG_9764
黄色アクセントの885系を押さえて撤収しました。誤乗防止のための青色アクセントへの統一に伴い黄色アクセント車はこのSm3編成とSm2編成しか残っていないようです。この細いライトの顔には黄色が似合うように思えるのですが…
IMG_9844
途中スペースワールドでED76 1010牽引の貨物を撮影して小森江に向かいます。
ABB搭載のナナロクは1010と1008だけになってしまったようです。
門司機関区には使われなくなったナナロクやパーイチがたくさん留置されている一方で鹿児島本線では金太郎の姿が目立ちます。旅客に比べてあまり注目されない九州の機関車事情も大きく変わった感を受けました。
IMG_9865
小森江の少し先でFm5の門司港からの回送をキャッチ。
せっかく晴れ間があったのに直前に曇ってしまったのが残念です。
後ろの水色の建物もよろしくないですね。小森江駅で撮影したほうがよかったかなと思います。

このように1日北九州の鹿児島本線に張り付いて、門司17時18分発のFm5使用の下関行きで九州を離脱。
新山口まで115系に揺られ、100系をバルブしてのぞみで岡山、岡山からは再び115系と223系のお世話になって大阪からこの記事をお届けしています。
IMG_9936
100系は結局このバルブカット1枚だけに終わってしまいそうですが、本当にかっこいい電車だけにもっとしっかり撮っていなかったことを非常に後悔しました。
ダブルデッカーがないから、6連だから、と言い訳を並べてしまっていましたが実際に見るとそのノーズだけでも大変な魅力があります。少し角度を変えただけで実にさまざまな表情を浮かべてくれます。

ダイヤ改正の後はいつも後悔ばかりですが、今年は特に後悔の多い年になってしまいそうです。