今年の夏至は生憎の空模様となった。梅雨前線に加えて気の早い台風までやってきてしまったからだ。

しかし日の入り時刻に関してはこれから少し遅くなる。遅い夕暮れを楽しむチャンスもあるだろう。

夏の日が落ちた後も空は明るく照らされて、昼と夜を青の濃淡でつないでいく。