今年の話題をさらった近鉄の新型観光特急「しまかぜ」。

伊勢神宮の社殿を改める式年遷宮に合わせて特急群を一新した近鉄の新たなフラッグシップだ。


伊勢への観光客輸送に重きを置く近鉄特急にとって20年に一度の式年遷宮はまさに稼ぎ時。

1994年登場の23000系伊勢志摩ライナーもリニューアルを受けた。


さらにビスタEXも車内が一新された。

座席が新型22600系と同様のものに改められるなどアコモーデションの改善が主となっている。

外見的には行先表示機のLED化が目立つ。

写真は残りわずかとなった幕装備のビスタカー。かろうじての記録となりそうだ。