関東に飛来したブライトリングジェットチーム。

神戸を発ってから50分足らず。入間へ堂々の7機編隊で進入してきた。


使用機体は旧チェコスロバキアで開発されたAero L-39C。アルバトロスの愛称を持つ。

高等練習機としては一般的なシルエットだがインテークが高いところにあるのが目につく。

この配置は異物吸引を考慮したもので、地上がよく整備されていなかった旧東側の機体らしい。

入間に4時間ほど滞在したのち横浜での展示の予行を経て福島へ向かった。

7機できびきびとした動きを見せてくれたが本番は天候不順でキャンセル。

横浜でのフライトは幻に終わってしまった。


まもなく小名浜港にてBreitling Jet Team Japan Tour 2013のトリを飾るエアショーが始まるはずだ。

さて如何に。