早朝からflightawareをチェックしてみると厚木基地にアントノフ124が降りてくるらしい。

Polet AirlinesのPOT4104便。

サンディエゴの海軍基地Halsey Fieldからバンクーバーを経由してのフライト。

HSM-77のMH-60S/RをNAF North Islandから輸送する任務にあたっているものでしょう。


厚木の01アプローチと言えば至近距離から狙えるのが魅力。

着陸に合わせるかのように雲の抜けたエンドで広角18mmを構える。


デカい。

ちょっと寄りすぎた感があります。


着陸すると海軍のエプロンへ直行。

折しも離陸するJapan Airforce ScheduleのC-1とワンフレームに収まりました。

これはこれで厚木らしくていい。



そのほかにも収穫はそこそこあり。


51空のテストベッド、USH-60K。飛行状態を捉えるのは初めて。

追い気味だけど光線はばっちり。


JCGのファルコンも飛んでいました。こちらは400mmで3発エンジンと特徴的なお顔をぐっと圧縮してみる。


3発リア配置機ならではの後姿を捉えることも。


2時間足らずで撤収。テスト期間中は機敏な行動が求められるのです。