2018年02月

Lightning day

日豊本線:日向長井-北川/5020M「にちりん シーガイア」20号:783系Cm3編成 本来なら4075レの記事がここに来るはずだったが、バリ晴れフル搭載の好条件をフルに無駄にして収穫なし。延岡で途方に暮れるもとりあえず何か撮ろうと線路際へ。ヘッドライトがLEDに換装された787系に驚かされたりしながら夕暮れ間際のハイパーサルーンに狙いを定めた。下りアングルは決定打に欠け構図決めに難儀したが、きついカーブのおかげで上りにも日が当たると気付いて落着した。果たして半面光にフォグランプの丸みが際立ち、スクエアな顔立ちをうまくまとめていることがよくわかる。どこか灯具の大切さを教えられたような撮影だった。

国鉄型特急車


牟岐線:桑野-阿波橘/5056D「むろと」6号:キハ185 17+キハ185 18
存在感の薄いキハ185だが、四国では絵幕と国鉄色が揃う。電車のほうの185系と同じく貴重な存在といっていいかもしれない。

四トクオールスターズ


徳島運転所:1500形 キハ40他

徳島DC


高徳線:池谷-勝瑞/955D:キハ40 2146+キハ47+キハ47
完全無欠の気動車王国、全区間デッドセクションの呼び声高い徳島県で紫煙の香りを満喫してきた。狙いは色々と画策していたが、しっかりとした編成写真に仕上がったのはヨンマル3連だけ。到着早々に幌側できっちり押さえられ意気揚々と転戦したものの後は天気が続かず課題山積。次の訪問時期に思いを巡らせながら帰途についている。

2018/2/7 Fukuoka


ORC97:Fukuoka-Fukue/Oriental Air Bridge Bombardier DHC-8-201Q:JA801B

ANA262:Fukuoka- Tokyo Haneda/All Nippon Airways Boeing 777-281:JA743A
SWAL退役が教えてくれた国内線機材を狙う難しさを教訓に、久々の青空に恵まれた福岡空港に展開。今冬の課題だったオリエンタルブリッジのダッシュ8と黄色い777を狙った。福岡に丸一年住んでようやく勝手がわかって来たところで、市街地を右に左に陣地転換して上がりを追っかける。直前ランチェンと夕方の渋滞でオマケのネタをいくつか逃してしまったが、課題の2機は予定通りの場所で出迎える。黄色いボディに翼の影が落ちてしまったのは残念だが、ひとまず保険の一枚を手にすることができた。デビューは話題になっても、引退の時はしれっと消えて行く国内線機材だけにマメにチェックして早め早めの記録を心がけたい。
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ